舞浜アンフィシアターで転落死亡事故、パフォーマーの吉野和剛さんが高さ10メートルから落下し死亡

舞浜アンフィシアターで転落死亡事故、パフォーマーの吉野和剛さんが高さ10メートルから落下し死亡

千葉県浦安市舞浜の東京ディズニーリゾート一角の多目的ホール・劇場「舞浜アンフィシアター」で4月10日正午頃、パフォーマーの 吉野和剛(よしのかずたか) さんが高さ16メートルから吊り下げられ舞台機器の点検作業中に10メートルの高さから転落・死亡する転落死亡事故が起きました。これまでに事故原因は分かっていません。

舞浜アンフィシアターの会場内で点検作業を行っている最中に転落死した吉野和剛さんはシルク・ドゥ・ソレイユの元メンバーでパフォーマーやダンサーとして数々のイベントに出演しており、振り付けや演出も担当していたという。

事故が起きた当時、会場は4月10日以降のイベント主催者に貸し出されており、点検作業が行われている最中に事故が起きてしまいました。警察が業務上過失致死の疑いも視野に安全管理や事故原因を調べています。

以下、舞浜アンフィシアターで吉野和剛さんが転落死した事故の詳細です。
(4月11日午後0時頃に追記更新)

東京ディズニーリゾートの「舞浜アンフィシアター」で死亡転落事故、機器点検中にパフォーマーの男性が転落

舞浜アンフィシアターでパフォーマーの男性が転落死したこの事故は4月10日午後0時15分頃、千葉県浦安市舞浜の東京ディズニーリゾートの一角にある「舞浜アンフィシアター」で起きたもので「ワイヤで吊された男性が転落した」と消防に通報があり発覚。

現場に駆け付けた救急隊員が東京都世田谷区に住むパフォーマーの吉野和剛(よしのかずたか)さん(38)を心肺停止状態で病院に搬送しましたが、間もなく死亡が確認されました。

吉野和剛さんはシルク・ドゥ・ソレイユの元メンバーで「有限会社トライアングル・コネクション」の代表を務める方。パフォーマーやダンサーとして数々の舞台に出演しており、振り付けや演出も担当する数々の方面で活躍していました。

エアリアル(空中演技)の第一人者的な存在だったということで、7月28日から舞浜アンフィシアターで開催予定だった舞台「進撃の巨人」ではアクロバットの監修を担当。立体的なアクロバットシーンがウリの進撃の巨人で吉野和剛さんの存在は非常に重要だったと思われます。

転落死したパフォーマーの吉野和剛さん"
(転落死したパフォーマーの吉野和剛さん)

転落した吉野和剛さんは舞浜アンフィシアター劇場で舞台機器の点検作業を行っており、当時はワイヤの転落するスピードを調整していた。高さ16メートルの天井からワイヤーで吊り下げられており、約10メートルの高さから転落しました。この際、周囲では複数のスタッフが演出操作のテストを行っている最中だったと分かっています。

舞浜アンフィシアターを所有・管理するオリエンタルランドによると事故が起きた4月10日は翌日11日以降のイベント主催者に貸し出しており、イベントに向けた点検作業が行われていたという。

警察が事故原因や作業の安全管理に問題がなかったかなど、当時の状況について業務上過失致死の疑いも視野に詳しく調べを進めています。

舞浜アンフィシアターは大型の多目的ホールで、芸能人や音楽関係のイベントやアニメイベントなどが随時開催されているホール。4月末には人気アニメ「ユーリ!!!」や「ハイキュー!!」のイベントも予定されていました。

転落死亡事故が起きた舞浜アンフィシアター:千葉県浦安市舞浜
(転落死亡事故が起きた舞浜アンフィシアター:千葉県浦安市舞浜)

舞浜アンフィシアターで転落死亡事故、パフォーマーの吉野和剛さんが落下…Twitterの声

舞浜アンフィシアターで転落死亡事故、パフォーマーの吉野和剛さんが高さ10メートルから落下し死亡

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。