NYマンハッタン中心部の爆発、事故ではなく「意図的なもの」テロとの関連は不明:29人がけがを負い1人重傷

NYマンハッタン中心部の爆発、事故ではなく「意図的なもの」テロとの関連は不明

アメリカ・ニューヨーク(NY)のマンハッタン中心部で18日午前、爆発があり29人がけがを負った。このうち1人が重傷と明らかになっています。ニューヨークのデブラシオ市長は爆発は「意図的に引き起こされたもの」という見解を示しつつも、現時点でテロ行為との関連については明言を避けました。

ニューヨークのマンハッタン中心部で現地時間の17日午後8時半頃(日本時間18日午前9時半頃)、大規模な爆発がありました。現地警察によると、この爆発で近くにいた29人がけがを負い、このうち1人が重傷だということです。

爆発は建物の前で起きたことを明らかにしており、爆発原因については「ガス漏れではない」と話している。警察などは現場周辺の立ち入りを規制して、爆発の原因や付近の防犯カメラの映像などを詳しく調べています。

ニューヨークにある日本総領事館が日本人が爆発に巻き込まれていないか確認していますが、現在までに日本人が被害にあったという情報は入っておらず、更に確認を進めるとのことです。

また、爆発があった現場から約300メートル離れた場所では別の不審物が見つかっており、現地メディア情報では、圧力鍋に携帯電話が取り付けられたものが発見されているとのこと。

隣のニュージャージー州でもゴミ箱爆発

爆発が起き29人がけがを負ったニューヨーク中心部から南に約130キロ離れたニュージャージー州東部のオーシャンパークでは現地時間の17日午前9時半頃、予定されていたマラソン大会のコース近くの道路沿いに置いてあったプラスチック製のごみ箱で小規模の爆発がありました。

爆発したのは鉄パイプに火薬を詰めた爆弾だったとみられ、けがをした人はいませんでした。ニューヨークで起きた爆発との関連はわかっていないとのことです。

このマラソン大会はアメリカ海兵隊の遺族などを支援している慈善団体が主催する5キロの大会コースとなっており、爆発があった時間帯には参加者が通過している可能性があったという。
しかし、コースで不審なかばんが見つかったことから、マラソン大会は事前に中止が決定されており、被害者はいなかった。

NY中心部で爆発、テロとの関連は…Twitterの反応

日本時間18日午前、ニューヨーク・マンハッタン中心部で爆発があり負傷者が出ています。更に隣のニュージャージー州でもゴミ箱が爆発しており、テロとの関連に注目が集まっています。アメリカ・マンハッタンの国連本部では19日から世界各国の首脳が集まり会合が行われる予定で現場周辺は厳重な警備態勢が敷かれている中で爆発が起こっています。

ツイッター上では「週明けのFX(為替)取引に注意するようメールが来た」といった声があがっているように、今回の爆発が経済にも影響を与えるとみられています。

NYマンハッタン中心部の爆発、事故ではなく「意図的なもの」テロとの関連は不明

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)