平岡都さん殺害容疑で矢野富栄を殺人・死体遺棄で書類送検:7年前の島根県女子大生殺害事件の捜査に幕

平岡都さん殺害容疑で矢野富栄を殺人・死体遺棄で書類送検:7年前の島根県女子大生殺害事件に幕

島根県浜田市で7年前の2009年、女子大学生の平岡都さんが殺害され遺体を切断され遺棄された殺人・死体遺棄事件で、事件の2日後に山口県内の高速道路で事故死した当時33歳の会社員・矢野富栄(やのよしはる)容疑者を12月20日、被疑者死亡のまま殺人・死体損壊・死体遺棄容疑で書類送検したと発表されました。

事件の犯人として書類送検された矢野富栄容疑者は島根県の事件の5年前、東京や北九州市で女性を刃物で脅してわいせつ行為をした強制わいせつの疑いで逮捕されている前歴があり、この時は3つの強制わいせつ事件で懲役3年6か月の実刑判決を受けていました。平岡都さん殺害事件の捜査範囲を性犯罪者に広げて捜索したところ、今年の夏頃に死亡していた矢野富栄容疑者が事件に関与している可能性が浮上し、犯人特定へ繋がったということです。

平岡都さんバラバラ殺人事件で事故死した男を容疑者と特定:殺人などの疑いで書類送検の方針

2016.12.17

平岡都さんを殺害と断定、島根県益田市在住の矢野富栄容疑者を書類送検

島根県浜田市に住んでいた女子大学生・平岡都(ひらおかみやこ)さんが2009年10月、アルバイト直後に行方不明となり、11日後に約25キロ離れた広島県北広島町の「臥龍山」の山頂付近で切断された平岡都さんの遺体が見つかった殺人事件・死体遺棄事件の犯人の名前を捜査本部は12月20日、事件当時島根県益田市に住んでいた会社員・矢野富栄=やのよしはる=(当時33)容疑者と公表し、被疑者死亡のまま殺人・死体遺棄・死体損壊容疑で書類送検した。

事件の犯人と特定され書類送検された矢野富栄容疑者は福岡県内の私立進学高校を卒業し、福岡県内の国立大学を中退していたという情報もある人物です。

20日午前11時から合同捜査本部が置かれている島根県の浜田警察署で記者会見が行われ、島根県女子大生殺害事件の容疑者を特定し書類送検したと、島根・広島合同捜査本部の河村英夫刑事部長が公表したもの。会見では「都のすべての夢を奪った犯人を許せません」という遺族のコメントも発表されました。

平岡都さんが殺害された殺人事件の犯人・矢野富栄容疑者は平岡都さんの遺体が見つかった2日後、山口県の高速道路(中国自動車道)で事故死している。事故当時、同乗していた母親も死亡しており、車は事故の衝撃で激しく炎上し車の色も判別出来ないほど燃えた事故でした。

その後、警察が遺品を捜索していたところ、デジタルカメラやUSBメモリーの中から包丁の写真や遺体を切断したとみられる浴室内で撮影した平岡都さんの写真が見つかったため、矢野富栄容疑者が殺害した容疑が固まったとして、殺人容疑などで書類送検されたものです。

平岡都さん殺害容疑で書類送検:矢野富栄の顔写真
(平岡都さん殺害容疑で書類送検:矢野富栄の顔写真)
平岡都さん殺害容疑で書類送検:矢野富栄の顔写真
(平岡都さん殺害容疑で書類送検:矢野富栄の顔写真)

事件の5年前に強制わいせつ事件で実刑判決、前歴が犯人特定へ繋がる

平岡都さんを殺害した疑いで書類送検された矢野富栄容疑者は、事件の5年前の2004年に北九州市や東京都杉並区で面識のない女性に刃物を突きつけ、わいせつ行為に及び女性にけがをさせるなど3つの事件で懲役3年6か月の実刑判決を受けていました。今年に入ってから島根県の平岡都さん殺害事件の捜査対象を性犯罪の逮捕歴がある人物にまで広げて捜査を進めたところ、夏頃に矢野富栄容疑者の事件への関与が浮上し、容疑者特定へと繋がったことが明らかになりました。

平岡都さん殺害容疑で矢野富栄を殺人・死体遺棄で書類送検…Twitterの声

[ad-4]
平岡都さん殺害容疑で矢野富栄を殺人・死体遺棄で書類送検:7年前の島根県女子大生殺害事件に幕