草加市の住宅で無理心中事件:子供2人と女性1人が死亡、アフリカ系外国人の男が3人を殺害し無理心中図ったか

草加市の住宅で無理心中事件:子供2人と女性1人が死亡、アフリカ系外国人の男が3人を殺害し無理心中図ったとみられる

埼玉県草加市西町の住宅で12月19日午後11時過ぎ、この家に住むナイジェリア人の50代の男性から警察に通報があり、駆けつけた警察官が40代のフィリピン人の女性と子供2人が死亡しているのが見つかりました。通報した男性が3人を殺害し、自身も自殺を図った無理心中事件の可能性もあるとみて捜査している。

民家の中では血の付いた包丁が見つかっており、男性も腹に刺し傷がありました。動機については明らかにされていません。死傷した4人は家族とみられており、どのような経緯で父親の男性が妻と2人の子供を刺したのか、病院に搬送されて治療を受けている男性の回復を待って詳しい事情を聴く方針です。

警察のその後の調べにより、この家で刃物で刺され死亡したのは、フィリピン人のビリョーソ・アルマ・トジンバラさん(40)と、長男で1歳のトジンバラ・イシゲちゃん、長女で生後5か月のトジンバラ・アキコちゃんと身元が確認されました。また、家の中に居た男はナイジェリア人のイボンギディ・クレメント・アパン容疑者(52)とわかり、27日に殺人容疑で逮捕されました。

※父親のナイジェリア人の男が殺人罪で起訴され、新たな事実が判明したので追記しています。

草加市西町の住宅で子供2人と内縁の妻の女性が遺体で見つかる

埼玉県草加市西町の住宅で子供2人と40代の女性1人が死亡しているのが見つかったこの事件。死亡したのはこの家に住む0歳くらいの女の子と1歳くらいの男の子の2人の子供が1階の洋室で見つかり、玄関の近くで母親とみられる40代の女性(ビリョーソ・アルマ・トジンバラさん)でした。女性は腹から血を流して倒れた状態で見つかり、病院で死亡が確認された。

殺人事件が起きた埼玉県草加市の住宅
(殺人事件が起きた埼玉県草加市の住宅)

この家には警察に通報した50代のナイジェリア人(イボンギディ・クレメント・アパン容疑者)も腹に刺し傷がある状態で見つかっており、男性は重傷だという。4人は家族とみられており警察に「早く早く、子供死んじゃう」と通報した男性が子供2人と妻を刺し、自身も腹を刺し自殺しようとした無理心中事件の可能性が高いとみて捜査を進めていましたが、その後の調べで子供2人を殺害したのは死亡したフィリピン女性で内縁の妻とみられ、この内縁の妻が夫のアパン容疑者も殺害しようと刺したことが新たに分かりました。

アパン容疑者が身の危険を感じ、内縁の妻の女性から包丁を取り上げ、うつ伏せに倒した後に背中など10カ所以上を刺して殺害した疑いで1月16日に殺人罪で起訴されました。防衛の程度を超えて女性の背中などを刺して殺害したとして、殺人の罪に問われているものです。

家の中には血の付いた包丁が落ちており、何者かが外から進入した形跡はなかったという。事件が起きた住宅の近所に住む人によると、死亡した妻の女性は東南アジア系で家族3人を刺傷した男性は今年の春頃に引っ越してきたと話しています。

殺人罪で送検されるイボンギディ・クレメント・アパン被告の姿
(殺人罪で送検されるイボンギディ・クレメント・アパン被告の姿)

埼玉県草加市の住宅で無理心中事件発生、アフリカ系日経外国人が3人を殺害か…Twitterの声

[ad-4]
草加市の住宅で無理心中事件:子供2人と女性1人が死亡、アフリカ系外国人の男が3人を殺害し無理心中図ったとみられる