釈放されたASKAさんがブログ更新「不起訴でした」尿検査でお茶を提出したと説明、事件の真相は?

釈放されたASKAさんがブログ更新「不起訴でした」尿検査でお茶を提出したと説明

先月28日、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者を東京地検は12月19日、嫌疑不十分として不起訴処分とし、釈放しました。不起訴処分の理由は警察に任意提出したお茶がASKAさんの尿と立証するのが困難と判断したためという。逮捕後に調べに対し「提出したのは尿ではなく“お茶”を検尿カップに入れた」と説明した。

通常、検尿時には捜査員(立会人)が横に立ち目の前で容器の中に尿を出すということですが、ASKAさんの検尿時は捜査員が後ろから監視していたため、手元まで見えなかったという。更にASKAさんが任意提出した尿は量が少なく科学捜査研究所の覚醒剤検査(本鑑定)で全て使ってしまったことから、覚醒剤の陽性反応が出た液体がASKAさんの体から出た尿なのかお茶なのか立証するのが難しくなったため、嫌疑不十分となったということです。

東京地検は逮捕・拘留の手続きに問題はなかったとしており、ASKAさんを逮捕した警視庁組織犯罪対策5課も、精度100%の科学捜査研究所での覚醒剤検査・本鑑定で陽性反応が出たことから違法逮捕ではないとしている。今後は再検尿を行わなかった理由や任意での検尿時に詳しく確認しなかったのかなど、捜査の進め方に問題がなかったか調べる方針。

タクシー大手「チェッカーキャブ」ASKA容疑者のドライブレコーダー映像流出を謝罪

2016.11.30

ASKA元被告 覚醒剤使用容疑で逮捕へ、尿検査で陽性反応=ブログでは「陽性は100%ありません」と否定

2016.11.28

ASKAさんが尿検査で提出したのは「お茶」と説明、尿との判別が不可能に

11月28日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたASKA(本名・宮崎重明)容疑者を検察は嫌疑不十分で不起訴処分とし、12月19日午後7時頃に釈放されました。

地検などによると、任意提出され鑑定した液体から覚醒剤の陽性反応が出たが、逮捕後の調べに対しASKAさんが「任意提出したのはあらかじめ用意していたお茶を尿の代わりに検尿カップに入れたもの」などと説明し、地検は任意提出された液体がASKAさんの尿と立証するのが困難と判断した、という理由で不起訴処分となったという。

今回の件に関して、専門家によると(覚醒剤事件での)採尿は捜査員が確認して行うが、ASKAさんの場合は任意提出だったこともあり、手元まで見るのは難しかったとみられる。今回は採取した尿(と思われる液体)が少量で、科学捜査研究所(科捜研)での覚醒剤検査で全て使ってしまっていたため、ASKAさんが「お茶を入れた」と話したとなると、容器の中身がお茶なのか尿なのか判別は出来ないと判断され、不起訴・釈放されたという。逮捕後にも採尿していれば良かったが、警察は逮捕から時間が経っていたため、尿の再採尿を行っていなかったという。

ASKAさんからの通報を受け駆けつけた警察官が採尿を求めた際、捜査員はASKAさんの妻と一緒に採尿している様子を監視していたが、手元までは確認できず、結果的に提出された尿がASKAさんのものと判断出来なかったことから釈放されました。

釈放されたASKAさんがブログ更新「不起訴でした」と報告

嫌疑不十分で19日に釈放されたASKAさんは午後9時前後に自身のブログ「aska_burnishstone’s diary」を更新。見出しは「不起訴でした。」とし、無罪です。様々なことは、また、改めて書かせていただきます。すべての行動には、理由があります。いまは、それしかお伝えできません。などと釈放後の心境を綴っている。

また、逮捕によって制作活動が止まっていた新作アルバムのリリース予定が20日間もズレたことなどを記している。

釈放されたASKAさんが尿検査でお茶を提出したと説明…Twitterの声

釈放されたASKAさんがブログ更新「不起訴でした」尿検査でお茶を提出したと説明