熊本市役所で火事、パソコンや書類が黒焦げ:10階の一部300平方メートルが燃える

熊本市役所で火事、パソコンや書類が黒焦げ:10階の一部300平方メートルが燃える

熊本県熊本市中央区の熊本市役所で12月18日午前3時50分頃、市役所の10階で300平方メートルを焼く火事がありました。火は約2時間後に消火されケガ人は出ていません。この火事でパソコンや書類が黒焦げになったほか、市役所9階と10階が消火活動で濡れ水浸しになるなどの被害が出ています。

火災で焼けた10階には健康福祉政策課や高齢介護福祉課など保健や福祉に関係した5つの課があり、地震の「り災証明書」の発行なども担当していた。熊本市の大西一史市長は「熊本地震の復旧業務に影響が無いようにしたい」とコメントすると共に、18日午後3時には自身のツイッターに謝罪文を投稿しています。

熊本市役所で起きたこの火事はツイッターなどのネット上でも話題にあがっていますが、火事があったことよりも日曜日の午前4時前まで残照する職員(公務員)が居たことに対し、驚きの声があがっています。

18日未明の熊本市役所で火災発生、けが人なし

この火災は熊本県熊本市中央区手取本町の熊本市役所で12月18日午前4時前、市役所の10階フロアから出火しおよそ300平方メートルが焼けた火事です。出火当時、10階にいたのは福祉健康局の女性職員1人で、この女性が「パチパチ」という音で火事に気付き、熊本市防災センターの職員が駆けつけた時にはフロア全体に黒煙が充満していたということです。

通報を受けた消防が消火活動にあたり、約2時間後に消火。幸いにもけが人は居ませんでしたが、10階の健康福祉政策課が使っていた備品のパソコンや書類などが黒焦げとなり、熊本市役所の10階と9階が消火活動で水浸しになるなどの被害が出ています。

警察や消防がこの火事の原因を調べていますが、現在のところ「電気的要因の可能性が高い」としており、更に詳しく調べています。

火事で黒焦げになった熊本市役所10階フロアの一部
(火事で黒焦げになった熊本市役所10階フロアの一部)

また、熊本市の大西一史市長は18日未明に熊本市役所内で火事が起きたことを自身のツイッター上で謝罪しました。18日午後3時過ぎに投稿されたものです。

12月18日未明、熊本市役所で火災発生…Twitterの声

熊本市役所で火事、パソコンや書類が黒焦げ:10階の一部300平方メートルが燃える