広島ファンの巻幡健吾氏がホームランボールキャッチをFacebookに投稿し大炎上:17日の広島戦ビデオ判定騒動

広島ファンの巻幡健吾氏がホームランボールキャッチ、Twitterに投稿し守備妨害が発覚:17日の広島戦ビデオ判定騒動

9月17日、広島カープと中日ドラゴンズの試合がマツダスタジアムで行われました。そこで、広島カープの丸佳浩選手が8回に2ランホームランを放ったが、左翼側の守備に就いていた工藤選手もジャンプしたものの、レフト際のフェンス際にいた広島ファンの観客(巻幡健吾氏)がグローブでホームランボールをキャッチし、守備妨害の可能性があるとして審判団が協議入り(ビデオ判定)する場面があった。

ビデオ判定の結果、妨害はなかったと判定され丸選手の20号2ランが認められたが、ホームランボールをキャッチした巻幡健吾氏が「自分が先に取った」と、ホームランボールと共に自身のFacebook上に投稿したことから炎上し、氏名や勤務先といった情報が拡散され大炎上する事態に発展している。
(該当の投稿は削除されたが、SNS上で拡散され続けている)

巻幡健吾氏がホームランボールをFacebookに投稿…大炎上しアカウント削除

巻幡健吾氏が自身のFacebookアカウントに「自分が先に取った」とキャッチしたホームランボールの写真と共にFacebook上に投稿したのが発見され、炎上する事態に発展。実名が拡散されてから直近の投稿は削除されたようですが、Facebookのアカウント自体は削除されていないようで、巻幡健吾氏の勤務先(ミズノ広島立町店)などの情報が更に拡散されています。


9/17のプロ野球・広島戦でホームランボールをキャッチした巻幡健吾氏1
9/17のプロ野球・広島戦でホームランボールをキャッチした巻幡健吾氏2
9/17のプロ野球・広島戦でホームランボールをキャッチした巻幡健吾氏3
9/17のプロ野球・広島戦でホームランボールをキャッチした巻幡健吾氏4

広島カープ 丸選手のホームランボールをキャッチで審議入り…Twitterの反応

広島カープを応援していた巻幡健吾氏、丸選手の20号ホームランボールをフェンス際でキャッチし審判団がビデオ判定する審議入りしました。審議の結果、ホームラン(本塁打)と認められましたが、自身のグローブを出してホームランボールを捕らえた行為には批難の声が殺到している。
広島ファンの巻幡健吾氏がホームランボールキャッチ、Twitterに投稿し守備妨害が発覚:17日の広島戦ビデオ判定騒動

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

6 件のコメント

  • こんな人がカープファンやってるのが恥ずかしい。私は丸のファンだから余計に悲しいし悔しい。カープファンの恥。もう2度と球場に来ないでほしい。

  • 犯罪ではないし、咄嗟にでた気持ちは理解はできないけど想像はできる。

    ただ、

    先に取った

    はないわ。

  • もし俺がカープファンでもし巻幡の近くにいたとしたら…
    真っ先に蹴り入れるわ!
    俺はドラファンだが同時にプロ野球ファンでもあり野球経験者でもある。
    プレーの邪魔する行動は許せない。

    • 気持ちはわかりますね。

      しかし、あなたが先に蹴りを入れると傷害罪になるから本人を注意して抵抗したら蹴りを入れましょう(笑)

      あとは警備員に突き出すかですね。

  • 最大の問題点はビデオ判定なのに誤審であること。
    ビデオ判定を密室ではなく、球場の場内ビジョンで観客にも見せながら行うべき。
    更には、ビデオに限らず、今回の吉澤敬太氏の写真のような、確証を得られる証拠写真があれば、その場で審判に見せられるように判定の工夫も必要。