オスプレイ不時着事故 事故原因は給油訓練中のプロペラ損傷:米軍ニコルソン中将が記者会見「パイロットは最善の決断」

オスプレイ不時着事故 事故原因は給油訓練中のプロペラ損傷:米軍ニコルソン中将が記者会見「パイロットは最善の決断」

沖縄県名護市沿岸の浅瀬に12月13日午後9時半頃、アメリカの新型輸送機「オスプレイ」が在日アメリカ軍トップのニコルソン四軍調整官(中将)が事故原因について、空中給油の訓練中に給油ホースが切れオスプレイのプロペラに当たり損傷したことと説明した。米軍はオスプレイの飛行停止を表明したが、機体自体が事故原因ではないと強調しました。

ニコルソン氏の記者会見内容によると、事故機は沖縄本島の東方約30キロ付近を飛行しながら空中給油機から給油を受ける訓練をしている際、給油ホースが切れてオスプレイのプロペラが損傷したという。その後、機体は不安定な状態になり、普天間への帰還を試みたが、オスプレイを操縦していたパイロットの判断で目的地を市街地に囲まれた普天間ではなく、東海岸沿いのキャンプ・シュワブ(名護市)に変更したという。しかし辿り着けず、午後9時半頃に不時着現場となった沖縄県名護市沿岸の浅瀬に不時着水を試み、機体が大破したということです。

事故原因はオスプレイの空中給油訓練中のプロペラ損傷と判明

事故から一夜明けた14日午後、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官(中将)が記者会見を行い、オスプレイ不時着の経緯・原因を空中給油の訓練中のトラブルでプロペラを損傷し不時着したと説明した。

ニコルソン中将によると、名護市沿岸の浅瀬に着陸を試みて着水・大破したオスプレイは沖縄本島の東方約30キロ付近を飛行しながら空中給油機から給油を受けている際、給油ホースが切れてオスプレイのプロペラが損傷したという。機体は不安定な状態になり、普天間基地への帰還を試みたが、オスプレイを操縦していたパイロットの判断で、目的地を市街地に囲まれた普天間ではなく、東海岸沿いのキャンプ・シュワブ(名護市)に変更したという。しかし、キュンプシュワブまで辿り着けず、午後9時半頃に不時着水を試み大破したという。

米軍基地問題やオスプレイの配備反対の動きが活発な中で起きてしまった事故に対して、「パイロットが沖縄の上空を飛ばず、沖縄の人々の多くの命を守り、乗組員を守った。最悪の事態で最善の決断を下せたのは誇りに思う」と話しており、オスプレイを当面飛行停止とする一方、事故はオスプレイの構造や設計が原因ではないことを強調した上でプロペラがホースを切り、そのときに損傷した可能性が高いとし「オスプレイ自体が原因ではない」と説明している。

また、今回のオスプレイ不時着事故を受け、沖縄県の翁長雄志知事は14日、記者団に「オスプレイの配備を大変危惧してきた。起こるべくして起きた事故だ」と憤りをあらわにし、配備撤回を引き続き求めていく考えを強調した。15日にも総理大臣官邸などを訪れ、安倍首相に面会を求める方針だという。

オスプレイが不時着した名護市沿岸・浅瀬の様子
(オスプレイが不時着した名護市沿岸・浅瀬の様子)
空中給油を受けるオスプレイの様子
(空中給油を受けるオスプレイの様子)

普天間基地では別のオスプレイが胴体着陸と判明

オスプレイが不時着した事故が起きた13日夜、別のオスプレイ1機が機体の不具合から普天間飛行場に胴体着陸したことを、ニコルソン四軍調整官(中将)が記者会見で明らかにしました。「着陸装置に問題があったが、安全に着陸した」と説明にするに留め、何らかの故障で車輪が機体から出ず、胴体着陸を強いられたものとみられる。

オスプレイは不時着?墜落?どっちだったのか

日本政府とアメリカ軍は米軍普天間飛行場所属のオスプレイが大破したこの事故を「不時着」(もしくは不時着水)と説明しており、ケネディ駐日米大使は14日、岸田文雄外相に「オスプレイが緊急着陸(emergency landing)しなければならない状態になったことは遺憾に思う」と語った。在日米軍のマルティネス司令官も同日、稲田朋美防衛相に「機体はコントロールできる状態でパイロットの意図した地点に着水した」と説明したと明らかになっています。

しかし、日本国内の報道と海外での報道には違いがあり、アメリカテレビ局「FoxNews」などはこの事故を「crashes」(墜落)と表現したほか、米軍の準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は「墜落」を意味する「crash」と伝えるなど、報道内容に違いがあるようです。

日本の防衛省の認識としては、“機体のコントロールを失った状況で”着陸または着水する状況が「墜落」にあたり“パイロットの意思で着陸または着水した場合は”「不時着・不時着陸」になるという。今回の事故で言えば、給油訓練中にプロペラを損傷した状態となり、オスプレイを操縦していたパイロットが市街地に囲まれた普天間ではなく、東海岸沿いのキャンプ・シュワブ(名護市)に変更したが辿り着けず、12月13日午後9時半頃、名護市沿岸に不時着水を試みたと発表されていることから、不時着に当たるものとみられています。

オスプレイ不時着事故 事故原因は給油訓練中のプロペラ損傷と説明…Twitterの声

オスプレイ不時着事故 事故原因は給油訓練中のプロペラ損傷:米軍ニコルソン中将が記者会見「パイロットは最善の決断」