【6億円事件】偽警察官が6億円分の金塊盗み現場から逃走:組織的な犯行?巨額窃盗事件として捜査

【6億円事件】偽警察官が6億円分の金塊盗み現場から逃走:組織的な犯行?巨額窃盗事件として捜査

福岡県福岡市博多区のJR博多駅筑紫口付近で今年春頃、6億円相当の金塊(重さ120~130キロ)が警察官の服を着た偽警察官によって盗まれていたことが明らかになりました。金塊を運んでいたのは複数の男性で、偽警察官も複数の男で職務質問を装い金塊の入ったアタッシュケースを盗んだという。

この6億円事件で盗まれた金塊は現在も見つかっておらず、犯行グループも逮捕されていません。警察は用意周到な手口から暴力団などの組織が犯行に関わっている可能性が高いとみて、巨額窃盗事件として捜査を進めている。

JR博多駅前のロータリーで6億円相当の金塊盗まれる

6億円相当の金塊が盗まれたこの6億円事件は、今年春頃、福岡県福岡市のJR博多駅筑紫口のロータリーで金塊を運んでいたところ、後ろから警察官の格好をした複数の偽警察官の男らに「警察だ」と声を掛けられ金塊が入ったアタッシュケースを盗まれたもの。職務質問だと思った男性はアタッシュケースを渡したが、目を離した隙に車に乗って逃走したという。

盗まれた金塊は重さ百数十キロで盗まれる前日に転売目的で買い取ったということで、事件は6億円相当の金塊を盗まれた男性らが県警に通報し発覚したということです。

その後、偽警察官が着ていた服は県外で見つかっており、県警が押収したという。

6億円の金塊が盗まれたJR博多駅筑紫口のロータリー付近
(6億円の金塊が盗まれたJR博多駅筑紫口のロータリー付近)

偽警察官は金塊を運ぶタイミングを知っていた?組織的犯行の可能性も

盗まれた6億円相当の金塊は事件前日に購入されたもので、貴金属販売・買い取り店に運ぶ途中で盗まれている。犯行グループが警察官の服装を入手するなど手の込んだ犯行ということからも、犯行グループの偽警察官らは男性が金塊を売りに行くタイミングを知っていた可能性が高いことから、県警はこの事件に暴力団などの組織が関与している可能性が高いとみて、組織的な巨額窃盗事件として捜査を進めている。

【6億円事件】偽警察官が6億円分の金塊盗み現場から逃走…Twitterの声

[ad-4]
【6億円事件】偽警察官が6億円分の金塊盗み現場から逃走:組織的な犯行?巨額窃盗事件として捜査