愛知県蒲郡市・三河大島でシーカヤック転覆、豊川市在住の男性2人が遺体で見つかる

愛知県蒲郡市・三河大島でシーカヤック転覆、豊川市在住の男性2人が遺体で見つかる

12月11日午後、愛知県蒲郡市の離島・三河大島シーカヤックで渡っていた男性2人が行方不明になり、三河湾を巡視艇と航空機で捜索したところ12日早朝、豊橋市明海町の海上でシーカヤック1艇と男性2人の遺体が見つかりました。死亡したのは豊川市に住む54歳と66歳の男性とみられており、カヤックが転覆した可能性が高いという。

2人は11日、蒲郡市内のヨットハーバーから出発し、午後に三河大島で昼食をとったと家族に連絡しており、その後、カヤックが転覆して豊橋市の海岸近くまで流されたと思われます。三河海上保安署が2人の身元確認を急ぐと共に、当時の状況や転覆原因などを調べています。

男性2人はシーカヤックで三河大島へ

遺体で見つかった2人は豊川市在住の54歳と66歳の男性とみられています。この2人は12月11日午前、蒲郡市内のヨットハーバーからそれぞれが所有するシーカヤック2艇に乗って蒲郡市の離島「三河大島」へ向かい、午後1時頃には家族に「三河大島で昼食をとった」と連絡があり、その後に転覆した可能性が高いとみられている。

三河大島は蒲郡市の海岸から数キロ離れた離島(無人島)で蒲郡市の観光スポット「竹島」から少し離れた島ですが、島へ渡るのにそこまでの距離はありません。

夜になり帰宅しないことを心配した家族から「三河大島にシーカヤック2艇で渡った2人が帰宅しない」という118番通報を受け、海上保安庁の巡視艇と航空機で三河湾を捜索したところ、豊橋市明海町の海岸から約30メートルの海上で、転覆した1人乗りのシーカヤック1艇が漂流しているのが見つかり、男性2人の遺体が相次いで見つかったものです。

見つかったシーカヤックはいずれも全長5メートルで、死亡した2人は三河大島に向かっていた2人とみられており、身元の確認を急いでいます。

現場海域は穏やかな天候、転覆した原因は?

豊川市在住の男性2人が遺体で見つかったこの事故。海上保安署によると、2人が海を渡っていた11日、三河湾の蒲郡周辺は穏やかな天候で風速は3メートルほどでしたが、午後から夕方にかけて徐々に風が強くなったという。同署が当時の状況やカヤックが転覆した原因について調べを進めています。

男性2人が向かっていた愛知県蒲郡市・三河大島
(男性2人が向かっていた愛知県蒲郡市・三河大島)

愛知県蒲郡市「三河大島」でシーカヤック転覆、男性2人が遺体で見つかる…Twitterの声

愛知県蒲郡市・三河大島でシーカヤック転覆、豊川市在住の男性2人が遺体で見つかる