福島県内の神社石像や賽銭箱を壊した韓国籍の男・チョンスンホ容疑者を逮捕:キツネ像など壊した疑い

福島県内の神社石像や賽銭箱を壊した韓国籍の男・チョンスンホ容疑者を逮捕:キツネ像など壊した疑い

福島県泉崎村の神社に侵入しキツネ石像や賽銭箱などを壊したとして、韓国籍の韓国人・住所不定のチョン・スンホ容疑者が逮捕されました。チェン容疑者は今月9日・10日にかけて福島県内の複数の神社に侵入し、大量の石像や仏像100体以上を壊した疑いがもたれています。なぜ石像を壊したのか、動機については公表されていません。

石像を壊した犯人を捜査していた警察が12月10日午後、白河市内の国道4号線を歩く韓国人を見つけ職務質問したところ、犯行を認めたため逮捕したという。警察は今後、別の神社の石像や石像が壊された器物損壊事件に関しても追究する方針です。

韓国籍の男を白河市内で発見、職務質問で犯行を自供

神社の石像などを大量に破壊した器物損壊などの疑いで逮捕されたのは、韓国籍・韓国人の住所不定無職・チョンスンホ容疑者(35)です。逮捕容疑は9日夜、福島県泉崎村泉崎の烏(からす)峠稲荷神社で、キツネの石像2体を壊した上、拝殿と本殿に無断で侵入し、キツネの木像1体を壊した疑いがもたれています。

神社から被害の届け出を受け警察が調べていたところ、10日午後に現場から約7キロ離れた白河市内の国道4号線を1人で歩いている韓国籍の男を見つけ、職務質問したところ「キツネの石像を壊した」と犯行を認める供述をしたため、逮捕したということです。同容疑者はパスポートを所持しており、今年11月に入国したとみられています。

チョンスンホ容疑者が職務質問された現場
(チョンスンホ容疑者が職務質問された現場)

福島県内では同様の被害で100体以上の石像が壊される

福島県内では泉崎村の北側の須賀川市や郡山市などで、神社や寺の石像などが壊される被害が相次いでいます。被害は合計10カ所以上で確認されており、壊された石像(仏像)などは約100体に上るという。犯行の手口は石像を倒したり地面に叩き付けるなどして壊されていました。

手口が似ていることから、10日に逮捕された韓国籍で無職のチョン・スンホ容疑者(35)の犯行とみて警察が関連を調べる方針です。

福島県内の神社石像や賽銭箱を壊した韓国籍の男・チョンスンホ容疑者を逮捕…Twitterの声

[ad-4]
福島県内の神社石像や賽銭箱を壊した韓国籍の男・チョンスンホ容疑者を逮捕:キツネ像など壊した疑い

1 個のコメント

  • 日本の精神文化に、何てことをする!
     
     世界的に見て、日本人が現在のようにまれに見る「誠実さ」「実直さ」「清廉さ」をもつ民族になったのは、みな神道のおかげだぞ!
     日本は世界一犯罪率が低く、和や信頼を大切にし、お互いに信頼し合いながら生きてこられた。どれもこれもみな神道のおかげだ。

     なぜなら、日本では八百万の神々がどこにでもいて、我々の行動を見、心の中まで見通している。神々は心の真っ直ぐなものを好み、助ける。そうした思いが遠い祖先から親子代々受け継がれ、生活の中に深くしみこみ、精神性深くに根付いてきた。だから、エジソンと岡部芳郎の逸話を見るまでもなく、日本人は人が見ていないところでも盗んだりしないし、心の邪ささえも嫌ってきた。
     そうした日本人の精神性のもととなったものを壊すとは、断じて許すことはできない。

     こんなヤツには、目ん玉が飛び出るくらいの賠償金を課さねばならない。
     日本の宝ともいうべき精神性のよりどころを壊したんだから、日本国民はこの事態の重大さを認識し、怒り、ヤツが一生かかっても償いきれない賠償をさせるべきだ。