福岡市内の賽銭泥棒を逮捕 佐々木良太容疑者:護国神社や鳥飼八幡宮の賽銭箱事件と同一犯との見方強まる

福岡市内の賽銭泥棒を逮捕 佐々木良太容疑者:護国神社や鳥飼八幡宮の賽銭箱事件と同一犯との見方強まる

今月7日、福岡県福岡市内の神社「護国神社」「鳥飼八幡宮」の賽銭箱がノコギリで切られ、中の賽銭(さい銭)が盗まれる賽銭泥棒事件が発生していますが、10日午前0時半頃に福岡市西区の「愛宕神社」の本殿に無断で立ち入った疑いで住所不定・無職の佐々木良太容疑者が建造物侵入の疑いで警察に逮捕されました。

佐々木容疑者の逮捕当時、すぐ近くにはノコギリが落ちており、福岡市内で発生した賽銭泥棒事件にも関与している可能性が高いとみて捜査が行われています。また、佐々木容疑者は警察の調べに対し「金がなかったので寝泊まりするためにやった」と容疑を認める供述をしている。

7日に護国神社が被害に遭った際、設置していた防犯カメラの録画映像が公開されており、ツイッターなどのネット上では「罰当たりな犯行」「のこぎり持ってくるとか酷いな」といった声が投稿されていましたが、犯行から約3日間のスピード逮捕となりました。

防犯カメラに賽銭泥棒の姿…その手にはノコギリ

福岡市内では今月、賽銭箱が壊され中に入っている賽銭が盗まれる事件が多発しており、福岡市内の護国神社や鳥飼八幡宮の賽銭箱が被害に遭っています。福岡市中央区の護国神社では境内に設置された防犯カメラに犯人の姿が写っており、約7分間の犯行の様子が撮影されていました。男は賽銭箱を覗き込むと、手に持っていたノコギリで切り壊し賽銭を盗んでいます。

被害に遭った神社の木製の賽銭箱は格子の部分と中の板が切られており、翌朝に被害に気付いた住職がテープや釘を使い応急処置していました。

2カ所の神社の賽銭箱が被害に遭い、警察が防犯カメラ映像を解析するなど捜査していた。

護国神社の賽銭箱を壊す犯人の姿
(護国神社の賽銭箱を壊す犯人の姿)

被害発覚から約3日、佐々木良太容疑者を逮捕

12月7日午前1時半頃、護国神社の賽銭箱が被害に遭い、約2キロほど離れた鳥飼八幡宮でも7日早朝に賽銭箱が切られているのが見つかりました。いずれも被害額については明らかになっていませんが、犯行の手口が同様のため、同じ犯人による犯行とみて捜査されていました。

7日以降は被害が出ていませんが、10日午前0時半頃に福岡市西区の「愛宕神社」の本殿に無断で立ち入ったとして、住所不定・無職の佐々木良太容疑者(26)が建造物侵入の疑いで逮捕されました。神社のセキュリティ装置(防犯装置)が作動したため、警察官や神社の職員が現場に駆けつけたところ、本殿から逮捕された佐々木良太容疑者が出てきたという。脇の通路にはノコギリが落ちており、佐々木容疑者が賽銭箱を壊す目的で進入した可能性が高いとみている。

警察は他の神社の賽銭箱が切られ、賽銭が盗まれた事件にも関与しているとみて関連についても追及する方針です。

福岡市内の賽銭泥棒を逮捕 佐々木良太容疑者…Twitterの声

福岡市内の賽銭泥棒を逮捕 佐々木良太容疑者:護国神社や鳥飼八幡宮の賽銭箱事件と同一犯との見方強まる

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)