スリングショットでバスの窓割った少年2人逮捕:八王子市内のコンビニ駐車場から金属玉発射の疑い、ポケットショットも押収

スリングショットでバスの窓割った少年2人逮捕:八王子市内のコンビニ駐車場から金属玉発射の疑い、ポケットショットも押収

今年10月下旬、東京都八王子市下恩方町のコンビニ駐車場から八王子市内に住む建設作業員の少年2人がスリングショットと呼ばれる強力なゴムパチンコで金属玉を発射し、路線バスの窓ガラス2枚を割った疑いで逮捕されました。少年らは高校のスクールバスにも金属玉を発射し、窓ガラスにヒビが入ったという。

威力業務妨害と器物損壊の疑いで逮捕されたのは18歳と19歳の建設作業員の少年2人。犯行に使われ押収されたスリングショットやポケットショットと呼ばれるゴム銃を所持していたのが19歳の少年で、バスに向けて金属玉を発射したの18歳の少年だという。

スリングショットを使ったこの事件はツイッターなどのネット上でも話題にあがっており、その威力から「殺人未遂事件じゃないの?」「実名報道しないのはなぜ」といった声も投稿されている。

※最終更新:12/8(木)23:19

犯行に使われたスリングショットとは?

東京都八王子市内で起きたこの犯行。事件に使われた「スリングショット」とは強力なゴム銃(ゴムパチンコ)のことを指し、ゴムで引っ張って玉を発射する「パチンコ」の威力が強力になったものです。その威力は猟銃にも勝るものがあるという。逮捕された少年2人からは犯行に使われたスリングショットや発射に使われる金属玉のほか、「ポケットショット」と呼ばれるスリングショットの命中率を上げた金属玉を発射するゴム銃が押収されています

少年がスリングショットで発射した金属玉は60メートル先の路線バスの窓ガラス(厚さ4ミリの強化ガラス)を貫通するほどの威力だったという。強力な威力を持つスリングショットですが、所持や使用を明確に規制する法律はなく、逮捕された少年はインターネットの通販サイトから3000円で購入したということです。

押収されたスリングショット
(押収されたスリングショット)

少年2人が路線バスの窓ガラスを割って逮捕

この事件は今年10月26日午後8時半頃、八王子市下恩方町のコンビニ「ファミリーマート八王子西インター店」の駐車場から北西方面の陣馬街道を川原宿交差点方面に走っていた、約60メートル先の路線バスと、約18メートル先を走る高校のスクールバスに向かって金属玉を発射し、窓ガラスを割ったというもの。バスには乗客が乗っていましたが、ケガ人は確認されていない。

コンビニ駐車場の防犯カメラ映像を解析したところ、少年2人の姿が写っており、東京都八王子市内に住む18歳と19歳の建設作業員の少年2人が威力業務妨害と器物損壊の疑いで逮捕された。少年2人の名前や住所は公表されていない。

2人は警察の調べに対し、何かに当てている実感が欲しかったなどと話し、容疑を認めている。防犯カメラにはスリングショットで金属玉を発射後にガッツポーズする18歳の少年の姿が写っていたことが明らかになっています。

金属弾が当たった路線バスの窓ガラス
(金属弾が当たった路線バスの窓ガラス)

スリングショットでバスの窓割った少年2人を逮捕、ポケットショットも押収される…Twitterの声

スリングショットでバスの窓割った少年2人逮捕:八王子市内のコンビニ駐車場から金属玉発射の疑い、ポケットショットも押収