米軍戦闘機 FA18が高知県沖で墜落:海上自衛隊と航空自衛隊が緊急脱出したパイロットを捜索

米軍戦闘機 FA18が高知県沖で墜落:海上自衛隊と航空自衛隊が緊急脱出したパイロットを捜索

12月7日午後6時45分頃、高知県土佐清水市の足摺岬の南東 約100キロの海上に米軍(アメリカ軍)海兵隊のFA18戦闘攻撃機が海上に墜落し、乗っていたパイロット1人が緊急脱出したということです。海上自衛隊と航空自衛隊の航空機7機と護衛艦4隻が現場の海上付近を捜索しています。

墜落したFA18戦闘機は山口県にある岩国基地の所属で、墜落当時は同型の2機で編隊を組んで飛行訓練の最中だったということで、このうち1機が何らかの原因で墜落したという。現在、緊急脱出したパイロットを捜索すると共に、事故原因の調査も行われています。

米軍機を巡っては、今年9月にも沖縄本島沖で海兵隊のAV8ハリアー攻撃機が墜落事故を起こしており、日本国内でも物議を醸したのは記憶に新しい。

墜落現場は足摺岬沖の海上

高知海上保安部の発表では、米軍FA18戦闘攻撃機が墜落したのは7日午後7時前。高知県土佐清水市の足摺岬の東南方面に約100キロの海上に墜落したということです。墜落機はアメリカ海兵隊のFA18戦闘攻撃機と判明しています。

海上自衛隊と航空自衛隊の航空機7機が現場の海上付近で捜索にあたっているほか、護衛艦4隻が現場海域に向かっている模様。同海上保安部も巡視船など2隻を出して詳しい状況を調べていますが、現在のところは漁船などへの被害は確認されていないということです。

墜落したFA18戦闘攻撃機は山口県にある岩国基地の所属で、墜落現場は米軍の訓練海域でした。墜落当時は2機で編隊を組んで通常訓練飛行をしており、そのうち1機が墜落したという。防衛省は詳しい状況の確認を進めています。

また、現在まで戦闘機が墜落した原因は特定できておらず、現在調査中とされています。

米軍の墜落事故は過去にも…

アメリカ軍の軍用機が墜落した事故はこれまでにも何度か起きており、記憶に新しいところでは今年9月、沖縄県本島沖の東約150キロの海上にアメリカ海兵隊のハリアー攻撃機1機が墜落しています。

他にも3年前の5月には沖縄県の嘉手納基地に所属するF15戦闘機が、沖縄本島の東の海上に墜落。また、4年前の7月には千島列島沖の太平洋で、青森県の三沢基地からアラスカに向かっていたF16戦闘機1機が海上に墜落するなど、米軍軍用機による事故が多く発生している。

米軍戦闘機 FA18が高知県沖で墜落、パイロットは緊急脱出…Twitterの声

[ad-4]
米軍戦闘機 FA18が高知県沖で墜落:海上自衛隊と航空自衛隊が緊急脱出したパイロットを捜索