【新潟原発避難いじめ】小4男児の名前に「菌」付けイジメ:担任教諭に相談した直後に○○菌さんと呼び加担

【新潟原発避難いじめ】小4男児の名前に「菌」付けイジメ:担任教諭に相談した直後に○○菌さんと呼び加担

福島県の原発事故から自主避難している新潟県新潟市の市立小学校に通う小学4年生の男の子が40代の担任教諭や学校の同級生から名前に「菌」を付けられ、バイ菌扱いされるイジメを受けていたことが明らかになりました。新潟市教育委員会と男の子が通っていた小学校の校長が12月2日に記者会見を行い謝罪しました。

横浜市に次いで新潟市でも起きたこの原発避難いじめ問題は、担任教諭に「ばい菌扱いされて嫌だ」と相談した5日後、連絡帳を受け取る際に「はい、○○菌さん」と男の子の名前に菌を付けて呼んだ事実が調査によって明らかになっている。クラス担任の教師も事実を認めているが、親しみを込めて言ったと話しているということです。

教育委員会は「いじめと避難との因果関係はない」としているが、今後さらに詳しい調査が行われる予定。ネット上ではこの教師の実名報道(名前)を望む声が殺到しているが、プライバシーの観点から公表されることはないという。

原発避難いじめで「福島さん」東京都千代田区の区立中学校で奢り強要やゴミを詰め込まれるイジメ

2016.12.13

新潟の市立小学校で原発避難いじめ、担当教諭が菌付けで名前呼ぶ

新潟県新潟市の市立小学校で、新たな原発避難いじめがあったことが明らかになりました。この問題は、新潟市立小学校に通う小学4年生の男子児童が、学校の同級生らから名前に「菌」を付け、○○菌と呼ばれるバイ菌扱いされるいじめを受けていたもの。

この「菌付けいじめ」を「ばい菌扱い、汚いもの扱いされて嫌だ」と担任教諭に相談したところ、相談の5日後にこの教諭から連絡帳を受け取った際に「○○菌さん」と声を掛けられたという。クラスを受け持ち担任していた教師が便乗して自分のことを菌付けで呼んだことにショックを受け、この児童は11月24日から学校を休み不登校になってしまったという。

この担任教師による菌付け呼びが行われたのは11月22日の昼休み。児童がいじめを相談したのは5日前の17日だったことが明らかになっている。

この男の子は2011年の福島県第1原発事故を受け福島県から家族と共に新潟へと自主避難してきていた。男の子から話を聞いた両親が学校に相談して事実が発覚。7日後の29日にクラス内でアンケートや聞き取り調査を行ったところ、そのような発言があったという回答が複数の児童から寄せられ、この担任教諭も菌付け発言を認めたという。

新潟市教育委員会が12月2日に行った記者会見では、担任に悪意はなく、親しみを込めて言ったなどと話しているというが、児童から相談を受けて僅か5日で発言したことからも悪意が感じ取られ、ネット上ではこの担任教諭に批難の声が寄せられる事態に発展している。ネット上ではこの教師の実名報道(名前)を望む声が殺到しているが、プライバシーの観点から公表されることはないという

教育委員会の会見で、記者からの取材に対しては以下の様に回答している。

質問:担任教諭は自分のクラスにいじめがあるという認識はあったのか?
回答:認識が薄かった。

質問:担任はいじめ問題に関心があるのか?
回答:横浜で原発避難いじめ問題が生じていたのは理解していたと思いますが、自らの学級に落とし込めなかったと思う。

男子児童が通っていた新潟市内の小学校
(男子児童が通っていた新潟市内の小学校)

横浜市に避難した中学生も菌付けで呼ばれるイジメ被害

福島原発事故で自主避難している子供が避難先の学校でいじめられる被害は他にも、今年11月にも神奈川県横浜市に避難し横浜市立中学校に通っていた中学1年生の男子生徒が小学校6年生の時「菌」付けで名前を呼ばれるいじめを受けていたにも関らず、学校や市教育委員が問題を放置し適切に対応していなかったことが明らかになり、社会的な問題として取り上げられました。

横浜市の原発いじめ問題で悪質だったのは、名前を菌付けするなどのいじめ被害に加え、「賠償金を貰ってるだろ」などと罵られ、百万単位の現金を加害者に渡していた事実も明らかに。両親は「お金を渡している時点で いじめ防止対策推進法 に基づいた重大事案であると学校や市教委に相談したが、全く取り合ってもらえなかった」と、教育委員会の対応に苦言を呈している。

いじめを受けた男子生徒は不登校になってしまったものの、現在はフリースクールに通い「学校が楽しい」と話しているという。

横浜市の原発いじめ問題については教育委員を中心に調査が行われており、12月1日には担当者と被害生徒の両親が面談し「辛い思いをさせて申し訳ない」と謝罪している。

横浜市に自主避難した中学生の手記
(横浜市に自主避難し、いじめを受けていた中学生の手記)

新潟で原発批難いじめ・小4男児の名前に菌付けするイジメ、担任教諭も加担…Twitterの声

[ad-4]
【新潟原発避難いじめ】小4男児の名前に「菌」付けイジメ:担任教諭に相談した直後に○○菌さんと呼び加担

5 件のコメント

  • 最近の担任は成りすましが多すぎますからね。日本教育界のドンがことごとく移民系ですから。もちろん朝鮮移民です。日本人の子供の将来なんか、むしろ真っ黒にしてやる位の意気込みでしょう。愛も無いし、賃金に対する仕事もしていないのが多くの現実。先生を善人と信用しない事が一番です。もちろん、良い教師も沢山います。子供でも悪い教師と良い教師の判断は可能です。出来損ないの親からは出来損ないの子供が育ち、出来損ないの学校からは出来損ないの日本人が育ちます。

  • 悲しいです。とにかくツラい。相談を受けた時点で対処しなかったのか?彼は担任不信になり不登校になっている。避難児を受け入れてる学校の先生達は親御さんとも密になり、支えてあげてほしい。先生自身が偏見な思考でいるからこんな悲鳴に共感出来ないんだ。多数派に笑わせて人気者ぶっても傷ついてる子を救えないなら、教師としては最悪で出直してください。

  • 懲戒免職だよ。
    子供の心をどれだけ、傷つけているんだか。
    連絡帳を配る時は、フルネームでさん付けできちんと呼んであげればいいはず。教師なんだから。菌づけで呼ぶ教師がいるから、クラスにイジメがでてくるんだよ。

  • 酷い人間がいるもんだ。
    しかも教師だと!
    早く辞職しなさい。不適格ですよ。

  • 虐め問題について。
    最近学校での虐め問題が報道されなくなったと思ったら、矢張りあったのですね。何故無くならないのか、担任教師・学校長・関係者への処分が甘すぎる。世の中には、つい出来心で女性のお尻に手が触れただけで懲戒免職になっている世の中で、何でこの様な弱い者いじめ「然も自然災害と原発被害者」に対して虐めをするような事、ガッコ国教師が先頭に立ってやっていたなど日本人として恥ずかしい。まさかこの先生は「日教組」の先生ではないでしょうね。