【刃物男】小西威規容疑者に警官が発砲し現行犯逮捕、京都市北区衣笠東開キ町の住宅街で親子に切りつけ

【刃物男】小西威規容疑者に警官が発砲し現行犯逮捕、京都市北区衣笠東開キ町の住宅街で親子に切りつけ

29日午後7時20分頃、京都府京都市北区衣笠の住宅街で小西威規(こにし たけのり)容疑者が「殺すぞ」と住人を脅していると通報があり、その約5分後に北区の路上で5歳の男の子が切りつけられる事件がありました。現場に駆けつけた30代の警察官(巡査部長)が容疑者に向け威嚇射撃の後に5発を発砲し4発が命中、銃刀法違反と公務執行妨害容疑で現行犯逮捕しました。

逮捕された男は近所の無職で自称・小西威規(27)と発表されており、両足に2発ずつ発砲を受けたが命に別状はなく、回復を待って事件当時の状況や犯行動機などを詳しく調べる方針です。

この刃物男に襲われた男の子は母親と妹と一緒に自宅に帰宅する途中で被害に遭いました。母親の話によると、小西威規容疑者との面識はなく通り魔的な犯行だった可能性もある。

また今後、捜査が進んだ時に傷害容疑や殺人未遂容疑で再逮捕される見通しが強い。

小西威規容疑者が路上で親子に突然切りつけ、母親とは面識なし

現場で現行犯逮捕された自称・小西威規容疑者(27)は、京都市北区衣笠開キ町の住宅に押しかけ、住民に対し「殺すぞ」などと脅し、警察に通報されていました。約5分後には同区の路上で40歳の母親と5歳の男の子、3歳の女の子の親子に刃物を持って襲いかかり、このうち5歳の息子が頭や腹などを刺されましたが、命に別状はないということです。

自宅への帰宅途中だった母親と妹にけがはなく、息子を襲われた母親は小西威規容疑者のことを「知らない人」と話しており、面識がないことがわかっている。現在までに犯行動機は明らかにされていないが、無差別に切りつけた通り魔的な犯行だった可能性もあります。

威嚇射撃の後に警察官が発砲、両足に4発が命中・現行犯逮捕

通報を受け事件現場に駆けつけた京都府警北署地域課の警察官で30代の巡査部長が刃渡り約6センチの刃物を持ち、小西威規容疑者が路上に立っているのを発見。巡査部長が刃物を捨てるように警告したが、警察官に立ち向かってきたため、1発の威嚇射撃の後、持っていた拳銃5発を発砲。うち4発(左右の太ももに2発ずつ)が犯人の両足に命中し、銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕したという。

犯人確保のために拳銃を使用した正当性について、京都府警北署の横田政幸副署長は「現時点では適正な拳銃の使用だったと判断している」とコメントしています。

西威規容疑者が逮捕された京都市北区衣笠東開キ町の住宅街
(西威規容疑者が逮捕された京都市北区衣笠東開キ町の住宅街)

刃物男の無差別切りつけ事件、現場は京都市北区衣笠の住宅街

「刃物男」「ナイフ男」と報じられた小西威規容疑者が5歳の男の子に切りつけ、警官に4発発砲され現行犯逮捕された場所ですが、京都市北区衣笠東開キ町の住宅街と路上です。

事件現場の詳しい場所については明らかにされていませんが、京都市営地下鉄烏丸線「北大路駅」から西に2キロの住宅街で、京都市北部の「千本北大路」と呼ばれる交差点の北西側。すぐ近くには観光名所の金閣寺や大徳寺、大学などの施設がある住宅街ということです。

刃物男・小西威規容疑者が京都市北区の路上で親子に切りつけ。警官が発砲し現行犯逮捕…Twitterの声

【刃物男】小西威規容疑者に警官が発砲し現行犯逮捕、京都市北区衣笠東開キ町の住宅街で親子に切りつけ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。