博多駅前2丁目の陥没現場がまた陥没 最大7センチの陥没を確認、周囲一帯を封鎖し対応へ

博多駅前2丁目の陥没現場がまた陥没 最大7センチの陥没を確認、周囲一帯を封鎖し対応へ

26日午前1時40分頃、JR博多駅前の福岡市博多駅前2丁目・はかた駅前通り周辺の大規模陥没事故の現場周辺が再び陥没しているのが見つかり、現場一帯の道路が封鎖され通行止めになる事態に発展しています。通報によると、陥没現場一帯とその近くが最大で7センチほど沈んでいるということです。

博多駅前の2丁目通りでは、今月8日に大規模な陥没事故が起きましたが約1週間というスピード復旧を見せ、日本以外の海外でもその高い技術が評価され報道されていました。復旧・通行止め解除から約12日間で再び陥没してしまった原因は何だったのでしょうか。

再陥没が確認されてから、博多駅前交差点から博多区役所南口の交差点までを全面通行止めにされましたが、安全が確認されたため約4時間後の午前5時半ごろに通行規制が解除されました。

博多駅前の道路陥没現場にコンクリートポンプ車とミキサー車が出動、復旧作業へ=完全復旧には10日前後必要な見通し

2016.11.08

博多駅前2丁目陥没事故 市営地下鉄の延伸工事ではナトム工法で掘削=施工は大成建設など共同企業体

2016.11.08

前回の陥没現場が再び陥没、最大7センチの沈みが確認される

26日未明に再び起きてしまった陥没事故は、福岡県福岡市博多駅前2丁目の博多駅前通りの現場一帯が最大7センチ沈み込んだものです。

2度目の陥没を起こした場所は、前回の陥没現場付近に加え、博多駅寄りの部分を含む長さ50メートル・幅 最大20メートルの範囲内で最大7センチ程度の道路沈下が認められるという。

現在までに再び陥没した原因などは明らかにされていませんが、陥没現場は今月8日に幅27メートル・長さ30メートル・深さ15メートルに渡って駅前道路が陥没した事故は約1週間、夜通しでの復旧作業の末に今月15日早朝から道路の通行が再開されていました。

再び道路が陥没したという通報を受け、警察は博多駅前の交差点から博多区役所南口の交差点までを全面通行止めにして、道路の詳しい状態などを調べています。

博多駅前2丁目の陥没現場で再び陥没、陥没現場の写真や動画など

11月26日午前1時半過ぎ、JR博多駅前の道路(博多駅前2丁目周辺)が、また陥没していると警察・消防に通報が寄せられました。Twitter(ツイッター)には再び陥没事故を起こした博多駅前の様子を撮影した動画や写真が投稿されていますが、今月8日に起きた大規模陥没事故ほどの大きな穴が開いたなどのの被害は確認されていません。

投稿された写真・動画には、現場対応にあたる警察官の他にも騒ぎを駆けつけた一般市民や報道陣の姿が写っています。

(11/26 博多駅前の陥没現場を撮影した動画)

道路一帯が封鎖されるも停電やガス漏れ被害は確認されず

26日未明、JR博多駅前の道路が再び陥没したこの事故。警察が陥没現場の「はかた駅前通り」一帯を封鎖し全面通行止めにしていますが、復旧作業は早くても26日中に取りかかる予定です。

また、今月8日の大規模陥没時には停電・ガス漏れ・断水・通信障害などのライフラインへの障害が起こり、周辺住民に様々な影響を与えましたが、26日未明に陥没した影響での被害は午前4時現在で確認されておらず、一帯では停電やガス漏れは確認されていません。

今回の陥没事故に関して、九州電力は午前3時の時点で周辺の住宅などから停電の報告は入っていないと発表しており、ガス供給を担当する西部ガスがガス漏れなどを確認していますが、ガスが漏れている臭いは確認されていないということです。

博多駅前2丁目の陥没現場で再び陥没事故…Twitterの声

博多駅前2丁目の陥没現場がまた陥没 最大7センチの陥没を確認、周囲一帯を封鎖し対応へ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。