長野県大町市 池田町の限界集落で大麻コミュニティー形成、男女22人を大麻所持の疑いで逮捕

長野県大町市 池田町の限界集落で大麻コミュニティー形成、男女22人を大麻所持の疑いで逮捕

長野県大町市や池田町、静岡県湖西市内の限界集落に移住し、大麻コミュニティーを形成。移住先で大麻を栽培・乱用していたとして、麻薬取締部の一斉捜索が行われ27歳から64歳の男女22人が大麻取締法違反の疑いで逮捕される一斉摘発があり、25日に発表されました。

この事件で逮捕されたのは、長野県大町市に住む自営業・衣笠秀喜と妻の衣笠朱美 両容疑者ら22人。一斉捜索が行われたのは長野県大町市の美麻・平・八坂地区・池田町の池田・広津地区などの関係先。民家や倉庫から、少なくとも乾燥大麻約8キロと大麻草7本などが押収されています。

逮捕された22人のうち、6人が容疑を否認しているという。

大麻取締法違反容疑で27歳から64歳の男女22人を逮捕

大麻取締法違反容疑で逮捕されたのは長野県や静岡県に住む27歳~64歳の男女22人。このうち16人が容疑を認め、6人が否認しているという。

現在までに明らかになった容疑者の名前は、長野県大町市に住む自営業・衣笠秀喜(48)と妻の衣笠朱美(45)両容疑者、中野順子容疑者(46)。長野県池田町池田の自営業・西河博文(48)と妻で無職の西河奈緒子(45)両容疑者、同県池田町に住む自営業・荒田裕(48)と妻の荒田久子(36)両容疑者、アメリカ国籍のジャクソン マイケル ディビッド(47)ら22人。

逮捕された22人のうち少なくとも6組12人は夫婦で逮捕されています。

また、このうち衣笠秀喜容疑者と衣笠朱美容疑者ら夫婦のFacebookアカウントが特定されているが、反原発の運動などをしていたことが読み取れるとネット上でも話題にあがっています。
衣笠秀喜のFacebook衣笠朱美のFacebook

逮捕された衣笠秀喜容疑者
(逮捕された衣笠秀喜容疑者)

大麻コミュニティーは長野県と静岡県の限界集落で形成

この大麻所持疑いの一斉摘発は、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が11月23日に一斉捜索を行い、長野県大町市の美麻、平、八坂地区、長野県池田町の池田、広津地区、静岡県湖西市の民家や倉などから少なくとも乾燥大麻計約8キロ・大麻草7本を押収したもの。

近所の人の話では、逮捕された男女と地元の人との間では当初から交流がなかったということで「何をしているのか全く知らない」と話していました。いずれの容疑者も山で大麻を栽培した上で自宅で乾燥させ、使用していたとみられています。

押収された乾燥大麻 約8キロ
(押収された乾燥大麻 約8キロ)

長野県大町市、池田町はどんな場所?

この大麻事件の舞台となったのは北アルプスに近い長野県大町市と長野県池田町、静岡県湖西市内の過疎化が進む限界集落です。逮捕された容疑者らの殆どは都心部などの県外からの移住者で、限界集落に移り住み音楽イベントなどを開催し緩やかな大麻コミュニティーを形成していたようです。

それぞれが住んでいた集落で大麻を栽培しながら乱用していた疑いがもたれており、このコミュニティーの実態解明が進められる方針です。

また、逮捕者の多くが住んでいた長野県大町市と長野県池田町に旅行などで訪れた人がTwitterに投稿した写真を見ると、集落の周りは山に囲まれたのどかな場所だったことがわかります。

長野県の限界集落で大麻コミュニティー、22人が一斉に逮捕される…Twitterの声

長野県大町市 池田町の限界集落で大麻コミュニティー形成、男女22人を大麻所持の疑いで逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。