仙台市営バス運転手が回送中にポケモンGOプレイ 街路樹に衝突しサイドミラーを壊す物損事故、宮城交通の正社員が運転

仙台市営バス運転手が回送中にポケモンGOプレイ 街路樹に衝突しサイドミラーを壊す物損事故、宮城交通の正社員が運転

先月18日、仙台市営バスの業務委託先「宮城交通」43歳の男性バス運転手が、東仙台営業所への回送運転中にスマホゲーム「ポケモンGO」のプレイが原因で、街路樹に衝突しバスのサイドミラーなどを破損させるなどの物損事故を起こしていたことが24日に明らかになりました。

バス運転手の「(スマホ)ながら運転」が社会的な問題となっている中、事故の発生から発表まで1ヶ月以上掛かった事に対して、仙台市交通局東仙台営業所は「内部調査に時間がかかった」と説明していますが、大きな波紋を呼びそうです。

今回の事故を受け、Twitterなどのネット上では宮城交通が過去に起こした事故を上げ「乗るのやめようかな」「事故のこと反省してない」といった声が多く投稿されており、宮城交通の信頼回復には時間が掛かりそうです。

両備バス 男性運転手の「ポケモンGO」ながら運転動画に非難殺到=撮影者は同乗したバスガイド?特定できずと発表

2016.11.05

「ポケモンGO」ながらスマホ運転での初の死亡事故、五王敬治被告に禁錮1年2ヵ月の実刑判決=徳島県内で今年8月に事故

2016.10.31

宮城交通のバス運転手が回送運転中、街路樹に衝突しサイドミラーなど破損

バスの回送運転中にポケモンGOをプレイしていたことが原因で事故を起こした仙台市営バスの運転手は、業務委託先の宮城交通に務める正社員。勤続7年で43歳の男性運転手だった。

この男性運転手は先月10月18日午後6時30分頃、仙台駅前発鶴ケ谷7丁目行バスの営業運行後、終点から東仙台営業所に回送運転で戻る際、人気スマホゲーム「ポケモンGO」を自分のスマホでプレイしながら運転し、宮城野区燕沢2丁目付近の街路樹にバス左前方部を衝突させ、バス上部とサイドミラーに加え街路樹を破損させる物損事故を起こしていた。

仙台市営バスの車内に取り付けられたドライブレコーダーの映像には、この男性運転手が右手でハンドルを握りながら、スマホを持った左手を膝の上に置きスマホ操作をしている様子が写っていたという。大型バスの運転には必須のギアチェンジなどの運転操作は、スマホを持った左手で行っていたことが明らかになっています。

宮城交通が行った調べに対し、事故を起こした男性運転手は過去にも何度か同様の運転をしたことがあると認めた上で、「軽率な行動だった」と話しているということです。

事故発表が遅れたのは内部調査に時間が掛かった為とコメント

仙台市営バスの運転手(宮城交通)が回送運転中に物損事故を起こしたのが、1ヶ月以上前の10月18日で、公表したのが今月24日。発表が遅れた事に対し、仙台市交通局は内部調査に時間が掛かったことを理由にしており、同交通局は再発防止策をまとめる方針ということです。

また、この事故が明らかになったことにより、仙台市交通局東仙台営業所が東北運輸局宮城運輸支局による臨時監査を受けています。

仙台市営バス(宮城交通)運転手が回送運転中にポケモンGOをプレイ…Twitterの声

仙台市営バス運転手が回送中にポケモンGOプレイ 街路樹に衝突しサイドミラーを壊す物損事故、宮城交通の正社員が運転

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。