浜名湖の岸に人骨 身元は須藤敦司さんと判明し殺人事件として捜査へ、骨には焼かれた跡が見つかる

静岡県浜松市浜名湖で見つかった人骨の身元は須藤敦司さんと判明、殺人事件として捜査:骨には焼かれた跡が見つかる

先月31日、静岡県浜松市西区舘山寺町の「浜名湖」の岸で成人男性とみられる人骨が見つかった事件で9月16日、DNA鑑定などの結果、男性の身元が浜松市西区の無職・須藤敦司さん(63)と判明。須藤さんが殺害されたあとに骨を遺棄されたと断定し、殺人事件・死体遺棄事件として捜査本部を設置し、捜査を行う方針だという。

遺棄されていた骨には焼かれて焦げたような跡があり、死後数カ月が経っていたということもわかっており、警察は須藤さんが殺害されたとみて殺人事件として詳しく調べる。

発表によると、人骨は西区舘山寺町の浜名湖に面したマンション付近の浜辺で、肋骨など数本を近隣住民が8月31日に発見し、翌9月1日に肩甲骨とみられる骨が見つかった。

殺害された須藤敦司さんは浜松市西区で1人暮らしをしており、男性の行方が分からないとして、今年6月に親族から行方不明の届け出が浜松中央署に出されていた。須藤さんが最後に目撃されたのは今年1月下旬で、それ以降に殺害された可能性があるという。

浜名湖・奥浜名湖では今年7月14日にも、北海道美唄(びばい)市出身で住所・職業不詳の出町優人さん(32)の遺体がバラバラに切断された状態で発見されており、この事件に関しては細江署捜査本部が立ち上げられ、捜査が続いている。

警察は、これらの事件の関連性についても詳しく調べる方針。

浜名湖殺人事件で川崎竜弥容疑者を出町優人さん殺害の疑いで逮捕、須藤敦司さん殺害にも関与か

2016.09.22

浜名湖の連続殺人事件で共通の知人が事件に関与、元同僚の窃盗罪で起訴されている男が犯人か

2016.09.17

浜松市「浜名湖」で人骨発見 殺人事件・死体遺棄事件として捜査…Twitterの反応

遺体(人骨)が発見された現場周辺

人の骨が発見された現場は静岡県浜松市西区舘山寺町の浜名湖岸です。
東名高速道路の浜名湖SA(サービスエリア)から南に下った場所で、周辺には浜名湖パルパル、浜松市動物園、浜松市フラワーパークなどがある。

浜松市の浜名湖では今年7月にも北海道美唄市出身の出町優人さん(32)の切断された遺体が見つかっており、警察がこれらの事件との関連も調べています。

また、7月・9月と立て続けに2人の遺体が見つかったことで周辺住民の間には不安が広がっています。

静岡県浜松市浜名湖で見つかった人骨の身元は須藤敦司さんと判明、殺人事件として捜査:骨には焼かれた跡が見つかる

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)