加古川市加古川バイパスで玉突き事故発生、西行き下り車線が通行止め 5人がケガ

加古川市加古川バイパスで玉突き事故発生、西行き下り車線が通行止め 5人がケガ

24日午前10時20分頃、兵庫県加古川市平岡町の加古川バイパス下り線・西行きの加古川東出口(ランプ)手前でトラックと乗用車6台が絡む玉突き事故・多重衝突事故が発生し、男女5人がケガを負いました。この事故の影響で、明石西ランプから加古川東ランプ間が通行止めになり、東行きも渋滞しているようです。

Twitterに投稿された事故現場の写真にはトラックとトラックの間に挟まれる形で潰された乗用車が写っており、現在までに死亡者は出ていないものの、男女合わせて5人が負傷し病院へ搬送されています。けがの程度についてはわかっていませんが、いずれも意識がある状態とのことです。

加古川バイパスの事故現場では兵庫県警高速隊などが現場検証を行っており、事故原因は渋滞最後尾の車に大型トラックが追突したためとみられている。

事故現場 加古川東出口手前の現場写真

この事故は11月24日午前10時過ぎに加古川市平岡町の加古川バイパスの下り線(西行き)加古川東出口の手前でトラックと乗用車6台が絡む玉突き事故ですが、東行き車線(神戸方面)でも事故に気を取られ、渋滞気味になっている模様。

また、東行きを走る車から撮影された事故現場の写真がTwitterに投稿されていますが、トラックの間に挟まれた普通乗用車の運転手の安否を心配する声が聞かれました。

この事故の影響で、午後1時時点で明石西ランプから加古川東ランプ間が通行止めになっており、西行きに走行する車は明石西で降ろされるようです。

11/24 加古川バイパス事故:空撮映像
(11/24 加古川バイパス事故:空撮映像)

事故原因は最後尾の大型トラックの追突

加古川バイパスの加古川東出口手前で起きたこの事故は、後ろから走ってきた大型トラックが渋滞最後尾の車に追突したことが事故原因とみられています。事故現場は片側2車線の直線道路で、兵庫県警は一帯の道路を通行止めにして現場検証を行っており、詳しい事故原因を調べています。

また、この事故での負傷者は男女5人と報じられていますが、詳しいけがの程度はわかっていません。しかし、消防によるといずれも意識があるということで、トラックに挟まれた車から救助された運転手も生存しているとのことです。

加古川バイパス 加古川東出口手前で車6台が絡む玉突き事故…Twitterの声

加古川市加古川バイパスで玉突き事故発生、西行き下り車線が通行止め 5人がケガ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。