iPhone7(Plus)の背面に「総務省指定」の文字…日本限定マークの意味は?

iPhone7(Plus)の背面に「総務省指定」の文字…日本限定マークの意味は?

9月16日、新型iPhoneの「iPhone7」「iPhone7Plus」の全国発売が一斉に始まり、発売日当日に入手した人の喜びの声などが続々と聞かれました。そんな中、日本で発売されたiPhone7の背面には「総務省指定」文字が刻印されている、という話題が大きな注目を集めています。

iPhone端末に日本語が入っているのは初めてのことで、漢字で「総務省指定」という文字が刻印されている。大量に公開されているiPhone7の画像を見てみると、背面の「Designed by Apple in California Assembled in China」に続いてモデル番号が記されており、隣に「総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号(16007号)」という刻印が入っているのがわかります。

ネット上でも物議を醸している総務省指定の文字。なぜiPhone7から刻印されたのでしょうか?
以下詳細、ネットの反応です。

総務省指定マーク なぜ必要?

16日から発売された「iPhone7」と画面が一回り大きい「iPhone7Plus」には新たに実装された「FeliCa」「Suica」に対応した決済サービス「Apple Pay」が搭載されており、誘導式通信設備という扱いになったため、総務省指定という文字を入れる必要があったという。

この刻印は日本国内で販売されるiPhone7限定で、他の国で販売しているiPhone7には入っていません。今まで発売されたiPhoneの背面に日本語(漢字)は入っておらず、大きな話題を呼んだ。


iPhone7の「総務省指定マーク」

iPhone7に総務省指定マーク…Twitterの反応「ダサい」「カッコイイ」賛否両論な意見

新発売されたiPhone7に刻印されている総務省指定の文字に対し、ツイッター上では賛成派の意見と反対派の意見で大きく割れました。

賛成派の意見としては「日本らしくて良い」「漢字は新鮮」「総務省指定って何かカッコイイ」などで、反対派の意見は「シンゴジラっぽくして欲しかった」「デザインが悪くなる」「単純にダサイ」などの声です。

賛否両論となった総務省指定の文字ですが、多くの人がiPhone7用のケースを付けると想定されるため、ケースで隠れるから関係ないという見方をする人もおり核心を突いたコメントだと思われます。

iPhone7(Plus)の背面に「総務省指定」の文字…日本限定マークの意味は?

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)