盛岡市の四十四田ダムに女子高生が転落し死亡 飛び降り自殺したという目撃証言も

盛岡市の四十四田ダムに女子高生が転落し死亡 飛び降り自殺したという目撃証言も

22日午前1時前、岩手県盛岡市下厨川四十四田の四十四田ダム(しじゅうしだだむ)に女子高生2人が転落し1人が死亡したと明らかになりました。目撃者の話では、2人の女子高生はダムに飛び降り自殺を図った可能性もある。警察が自殺・事件・事故を視野に捜査を進めています。

現在までにダムに転落した少女2人の持ち物などから遺書らしきものは見つかっておらず、仮に飛び降り自殺を図ったとしても自殺原因の特定が急がれます。また、2人一緒に転落したのであれば、通っていた高校でのいじめや学校生活での悩みが原因だった可能性もある。

この他にも、盛岡市内から四十四田ダムまでは距離があるなど不審な点があり、警察がこの事件のいきさつなどを調べています。

女子高生2人が飛び降り自殺?四十四田ダムで少女1人が死亡

2人の女子高生が転落し1人が死亡したのは盛岡市四十四田にある四十四田ダム。転落した女子高生2人の転落した理由については明らかになっていないが目撃者の男性からは「四十四田ダムに女の人が飛び降りた」と消防に通報が寄せられており、女子高生2人が飛び降り自殺を図った可能性もあるという。

ダムから転落した15歳と16歳の女子高生らはダムの放水側の斜面にそれぞれ倒れており、病院に搬送されましたが、1人が死亡しもう1人が病院で治療を受けています。

現在までに治療を受けている少女の容体は不明。また、転落した女子高生らが通っていた高校名や名前といった個人情報は公表されていません。

盛岡市内(仮に盛岡市役所)から四十四田ダムまでの距離は約8キロ。移動距離は車で20分、徒歩で1時間30分ほどかかることもあり、警察がこの2人がどのように四十四田ダムまで来たのかなど、詳しいいきさつを調べています。

女子高生が飛び降りた四十四田ダム
(女子高生が飛び降りた四十四田ダム)

現場にいた男子高校生と女子高校生の関係は?事件へ関与?

2人の女子高生が制服姿のままダムに飛び降りたとみられるこの事件。現場となった四十四田ダムには午前1時にも関わらず、高校生ぐらいの男性が居たということです。男子高校生かどうかは不明ですが、この男性が消防に通報し事件が発覚しました。

また、この男性は飛び降りた女子高校生2人と知り合いだったと話しており、ダムに転落した事件との関連を調べています。

四十四田ダムの場所と周辺地図

女子高生が飛び降りたとみられるダムがある場所は、岩手県盛岡市下厨川四十四田の「四十四田ダム」(しじゅうしだだむ)です。この四十四田ダムは盛岡市などを流れている北上川本流の上流をせき止めて造られたダム。近くには住宅街や盛岡少年刑務所などがあります。

盛岡市内から行こうとすると車で20分から30分ほどかかる距離の場所にあり、近くに住む人の話では、四十四田ダムは過去に自殺の名所だったという話もあがっています。

(盛岡市下厨川四十四田・四十四田ダムの周辺地図)

岩手県盛岡市の四十四田ダムで女子高生二人が飛び降り自殺図る…Twitterの声

盛岡市の四十四田ダムに女子高生が転落し死亡 飛び降り自殺したという目撃証言も

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。