元プロ野球選手 種田仁容疑者が無免許のスピード違反で逮捕=がにまた打法の有名選手逮捕のニュースに衝撃走る

元プロ野球選手 種田仁容疑者が無免許のスピード違反で逮捕=がにまた打法の有名選手逮捕のニュースに衝撃走る

元プロ野球選手の種田仁容疑者が無免許で車を運転したうえ、法定速度を50キロオーバーした道路交通法違反容疑で11月22日に逮捕されていたことが明らかになりました。種田仁容疑者は過去に免許停止処分を受けており、無免許での運転で検挙されました。

逮捕されたのは中日ドラゴンズにドラフト入団し、横浜・西武と移籍し現役を引退。現役時代には「がにまた打法」という独特な打撃フォームで人気を博した選手。引退後は楽天で2軍のコーチを務めていたが、約4年前に自己都合で楽天を退団している。

現在は内装業の営業職に就いているということで、運転免許証(車の運転)は仕事上、必須だったとみられますが、無免許運転状態で車を運転し逮捕されてしまいました。

元プロ野球選手・種田仁容疑者の現在は会社員

21日に無免許運転とスピード違反の道路交通法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手・種田仁容疑者は、1989年に大阪の上宮高校から中日ドラゴンズにドラフト6位で入団し、2001年に横浜ベイスターズ(現在は横浜DeNAベイスターズ)に移籍。

その後、西武へ移籍し2008年に現役を引退。楽天でコーチ(2軍内野守備走塁)を務めていましたが、2012年1月に一身上の都合で自主退団しています。

「がにまた打法」と呼ばれる独特の打撃フォームで人気を集めた過去がありましたが、2016年11月21日に逮捕された当時の職業は会社員で、内装業の営業をしていたという。

種田仁容疑者の楽天コーチ時代の写真
(種田仁容疑者の楽天コーチ時代の写真)

逮捕容疑は無免許運転でのスピード違反

種田仁容疑者の逮捕容疑は、21日午後3時20分頃に岩手県一関市狐禅寺の道路上を無免許状態で法定速度を50キロオーバーし、ライトバンを運転していた疑いがもたれています。

逮捕当時、免許停止の期間中で結果的に無免許運転で逮捕されることになりました。免許停止(免停)にあった理由は明らかにされていないが、今回と同様にスピード違反で検挙されていた可能性もある。

元プロ野球選手の種田仁容疑者が無免許のスピード違反で逮捕…Twitterの声

元プロ野球選手 種田仁容疑者が無免許のスピード違反で逮捕=がにまた打法の有名選手逮捕のニュースに衝撃走る

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。