日光サーキットのドリフト大会「D1SL」で車のタイヤが女性の背中に直撃、意識不明の重体で搬送

日光サーキットのドリフト大会「D1SL」で車のタイヤが女性の背中に直撃、意識不明の重体で搬送

20日午前9時頃、栃木県宇都宮市高松町のサーキット場「日光サーキット」で開催されていたドリフト大会「D1 STREET LEGAL Rd,6 NIKKO」(D1SL)に参加していた車の1台からタイヤが外れ、競技関係者の35歳女性・鈴木祥子さんの背中に直撃する事故があり、病院に搬送されましたが意識不明の重体となっています。

事故が起きたのはレース前の練習走行中とみられており、ドリフト大会は中止され警察関係者が現場検証を行っており、当時の状況や事故が起きた原因などについて、詳しく調べています。

11月20日はドリフト大会「D1SL」が開催

日光サーキットでは11月19日と事故が起きた20日の2日間にかけて、D1コーポレーション主催の「D1 STREET LEGAL Rd,6 NIKKO」(D1SL)というドリフト大会が開かれており、レース前の練習走行中にピンク色の車からタイヤが外れてしまい、競技関係者の鈴木祥子さんの背中を直撃しました。車が左にハンドルを切った際、タイヤが外れ路面に1・2回跳ねつつ女性に当たったということです。

日光サーキットのホームページにはレースの開催日程が掲載されており、毎日何らかのレースイベントが開催されているようです。

タイヤの直撃を受けた鈴木祥子さんは病院が搬送されましたが、意識不明の重体。車を運転していた30代の男性も首に痛みを訴えているということがわかっています。

日光サーキット場でタイヤが外れたドリフト車 タイヤが外れた車と被害者女性の鈴木祥子さん
(日光サーキット場でタイヤが外れたドリフト車)

事故は練習走行中に発生、20日の大会は中止を発表

日光サーキットに訪れていた方がTwitterに投稿したツイートによると、ピンクの車はレース前の練習走行中にタイヤが外れる事故が起きたということです。大会(D1SL)は中止になったという旨とともに、車の写真が投稿されています。

事故が起きた場所は栃木県宇都宮市の日光サーキット場

この事故が起きたのは栃木県宇都宮市高松町984にあるサーキット場「日光サーキット」です。現場は東北自動車道の宇都宮インターと上河内スマートインターの間にあるサーキット場。

日光サーキット場のドリフト大会でタイヤが外れ女性を直撃する事故…Twitterの声

日光サーキットのドリフト大会「D1SL」で車のタイヤが女性の背中に直撃、意識不明の重体で搬送

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。