小学生が乗るバスが雲仙グリーンロードで追突事故、熊本県宇城市「豊福小学校」の修学旅行生ら21人が怪我

小学生が乗るバスが雲仙グリーンロードで追突事故、熊本県宇城市「豊福小学校」の修学旅行生ら21人が怪我

17日午前10時50分頃、長崎県雲仙市を走る広域農道「雲仙グリーンロード」で、熊本県宇城市の豊福小学校の6年生が修学旅行先の長崎市に向かっている途中でバスが事故を起こし、小学生など21人がけがを負う追突事故がありました。現在までに重傷者はいないということで、搬送先の病院で治療を受けています。

事故は長崎県雲仙市愛野町の雲仙グリーンロードの片側1車線の道路上で起き、交差点で右折待ちをしていた乗用車に修学旅行生を乗せた観光バスが追突し、後続の観光バスも止まりきれずにぶつかった多重追突事故となりました。

熊本県宇城市立豊福小学校の修学旅行生が2台の観光バスに搭乗

11月17日午前11時前に雲仙グリーンロードで事故を起こした2台の観光バスには、1泊2日の修学旅行で長崎市に向かっていた熊本県宇城市立豊福小学校の小学6年生67人と教職員ら11人の78人が乗っており、この事故で小学生を含む21人がけがをして病院に搬送されたということです。現在までに重傷者はいない模様。

豊福小学校の児童らは、17日朝に宇城市内を出て、フェリーで島原半島に渡っており、雲仙グリーンロードを通って長崎市内に向かっていた途中で事故が起きました。学校側の説明によると、修学旅行では長崎市の平和公園や長崎原爆資料館を訪れる予定だったということです。

事故を起こした観光バス:後部が大きくへこんでいる
(事故を起こした観光バス:後部が大きくへこんでいる)

事故の原因は?バスが乗用車に追突した追突事故

この事故は、雲仙グリーンロードの交差点で右折待ちをしていた乗用車に修学旅行生を乗せた観光バスが突っ込んだ衝突事故とみられています。現場は片側1車線の信号のない交差点で、交差点までは下り坂になっている道路ということがわかっています。

また、バスに追突された乗用車の運転手にけがは無かったということです。

事故が起きた場所は雲仙グリーンロードの交差点

事故現場は長崎県雲仙市愛野町甲の島原半島広域農道(通称:雲仙グリーンロード)の交差点です。雲仙グリーンロードは北部・中部・南部のエリアに分かれており、北部が全長23キロ、中部が全長13キロ、南部が全長28キロの距離ということです。

事故当時、右折待ちをしていた普通乗用車に修学旅行生が乗る観光バスが追突し、後続のバスも追突し、車1台とバス2台が絡む事故となりました。

(事故現場の長崎県雲仙市愛野町甲の周辺地図)

長崎県雲仙市「雲仙グリーンロード」で小学生が乗るバスが追突事故…Twitterの声

小学生が乗るバスが雲仙グリーンロードで追突事故、熊本県宇城市「豊福小学校」の修学旅行生ら21人が怪我

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。