国立病院機構災害医療センターの駐車場で上江洲幸子さん運転の車が暴走し男女2人が死亡、事故原因はブレーキの踏み間違いか

国立病院機構災害医療センターの駐車場で上江洲幸子さん運転の車が暴走し男女2人が死亡、事故原因はブレーキの踏み間違いか

12日午後3時頃、東京都立川市緑町の「国立病院機構災害医療センター」の敷地内で、83歳の上江洲幸子さんが運転する車が駐車場から出る際に暴走する事故があり、歩道を歩いていた安和竜洋さんと市川妙子さんが暴走した車にはねられ死亡しました。警察の調べによると、車を運転していた上江洲幸子さんは認知症ではないということですが、事故原因などを詳しく調べています。

暴走車は駐車場を出る際に精算所のバーを突破した後に約20メートル走り続け、縁石を乗り越えて死亡した2人をはねたという。「ブレーキを踏んだが止まらなかった」という供述をしているが、事故現場にブレーキが掛けられた痕が見つかっていないという。

警察は、運転手の上江洲幸子さんがブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみており、回復を待って自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで話を聴く方針です。

ここ数ヶ月、80歳以上の運転手による暴走事故が相次いでおり、中には認知症の疑いがもたれる運転手も数人います。

東京都小金井市の交差点で高齢運転手が女性をはね死亡させる死亡事故発生、小林伸好さんを過失運転致死の疑いで捜査

2016.11.13

山形県東根市中央4丁目の眼鏡店に高齢女性が運転する車が突っ込む暴走事故、多発する高齢運転者の事故

2016.11.13

自治医科大学付属病院に白いセダン車が突っ込み3人死傷、高齢運転者=栃木県下野市薬師寺

2016.11.10

運転手は83歳の上江洲幸子さんと判明、被害者の30代男女2人が死亡

この事故は、11月12日午後3時頃、国分寺市東戸倉1丁目に住む上江洲幸子さん(83)が運転する車が国立病院機構災害医療センターの敷地内で暴走し、小平市中島町に住むパート従業員・市川妙子さん(35)と八王子市犬目町に住む会社役員・安和竜洋さん(39)の2人が事故に巻き込まれ死亡しました。被害者の2人は知り合いだったということです。

病院の敷地内で暴走し、2人をはねて死亡させた車の運転手・上江洲幸子さんは夫の見舞いのために病院を訪れていたという。

警察の調べによると、上江洲幸子さんは認知症ではないということですが、病状の回復を待って自動車運転処罰法違反・過失致死の疑いで話を聴く方針です。

また高齢者運転者による車の暴走事故、事故原因はブレーキの踏み間違い?

事故を起こした上江洲幸子さんは警察の調べに対し、「ブレーキを踏んだが車が止まらなかった」などと話していますが、事故現場となった国立病院機構災害医療センター敷地内の車が走った道路上からはブレーキ痕が見つかっておらず、車にブレーキが掛けられた痕跡も見つかっていません。

これらの事実から、車を運転していた上江洲さんがブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性が高いとみて、警察が現場の状況などを詳しく調べているということです。

上江洲幸子さんが運転していた自動車
(上江洲幸子さんが運転していた自動車・トヨタ自動車のアクア)

事故目撃者の証言は?

国立病院機構災害医療センターの敷地内で起きてしまった高齢者による車の暴走事故を間近で目撃した人の話によると、「気付いた時には車が凄い勢いで走って行った」「車のバンパー等が全部取れていて酷い状況だった」などと証言しています。

事故現場は東京郊外の国立病院機構災害医療センター

暴走事故が起きた場所は東京都立川市緑町3256にある国立病院機構災害医療センターの敷地内です。病院駐車場を出る際に車が暴走し事故を起こした可能性が高いということです。

暴走事故が起きた国立病院機構災害医療センター
(暴走事故が起きた国立病院機構災害医療センター:空撮映像)

(国立病院機構災害医療センターの周辺地図:グーグルマップ)

国立病院機構災害医療センターの敷地内で高齢運転手による車の暴走事故…Twitterの声

国立病院機構災害医療センターの駐車場で上江洲幸子さん運転の車が暴走し男女2人が死亡、事故原因はブレーキの踏み間違いか

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。