茨城県坂東市で白骨化した遺体発見、死体遺棄事件として捜査:人骨は20~40歳の男性と判明

茨城県坂東市で白骨化した遺体発見、死体遺棄事件として捜査

茨城県坂東市の山林で、今月10日から12日にかけて土の中などから白骨化された遺体が見つかった死体遺棄事件で、遺体は男性で20歳から40歳くらいだったということが新たにわかりました。警察は遺体の身元の確認を進めると共に、何者かが遺体を土に埋めて遺棄した疑いがあるとみて、詳しい状況を調べています。

この事件は今月10日午前7時半頃、坂東氏の山林に栗拾いに来ていた66歳の男性が白骨化した人の頭蓋骨のようなものを見つけ警察に通報したもの。遺体は白骨化しており、頭蓋骨以外の全身がほぼ土の中に埋まっていたことが明らかになっています。

これまでの発表によると、発見された遺体は長袖のパーカーに長ズボンを身に着け、靴を履いていたということです。警察が遺体の状況を詳しく調べたところ、遺体は20歳から40歳くらいの男性と見られることがわかりました。

また、遺体に目立った外傷はなく、死後少なくとも半年以上は経過していると見られるということです。

警察は死体遺棄事件とみて、同容疑で捜査を進めており、現場付近で不審な人物が目撃されていないかなど、現場周辺でも調べを進める方針です。

茨城県坂東市で白骨化した遺体が発見された事件…Twitterの反応

白骨化した遺体が発見された現場周辺

遺体は茨城県坂東市の山林の中で発見されました。坂東市(ばんどうし)は茨城県西部・利根川北岸に位置する市。現場は田畑に囲まれた農村地帯です。

白骨化遺体が発見された現場映像
白骨化遺体が発見された現場映像

茨城県坂東市の山林で頭蓋骨などが発見されたこの事件。ツイッターでも話題にあがりましたが、坂東市では過去にも白骨化した遺体が発見されたことがあるようです。周辺住民の方曰く、現場周辺は畑ばかりで夜になると真っ暗になるという声も聞かれました。
茨城県坂東市で白骨化した遺体発見、死体遺棄事件として捜査

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)