東京湾アクアラインであわや大事故…高速バス運転手が脳出血起こし乗客がブレーキ掛ける

東京湾アクアラインであわや大事故…高速バス運転手が脳出血

千葉県木更津市の東京湾アクアライン下り線で今月13日、高速バスの運転手が脳出血を起こし、中央分離帯や車線を走っていた他の車に衝突する事故を起こしていたことがわかりました。大事故に繋がる可能性もありましたが、高速バスに乗っていた乗客がブレーキをかけたことでバスは停止。乗客約30人にけがはありませんでした。千葉県警が物損事故として調べを進めています。

発表によると、13日午後6時20分頃、千葉県木更津市の東京湾アクアラインの下り線で、羽田空港から木更津駅に向かっていた高速バスが、アクアライン金田料金所の手前約1キロ付近で中央分離帯や軽自動車に接触し、料金所を通過し停車した。

高速バスを運行する小湊鐵道(こみなとてつどう)によると、このバスを運転していた64歳の男性運転手が、意識が朦朧となったため、最前列の席に座っていた乗客の男性がブレーキをかけてバスを停止された。

事故当時の状況を知る人の話では、「バスを停止させたのは大型免許を持っている人だった」「海に落ちるんじゃないかと思った。死ぬかと思った」と話している。

会社側の発表では、運転手の男性は事故当日、午後3時すぎに出勤し、運行管理を行っている上司に体調不良はないと報告していたとのことで、「運転手の健康管理を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。

東京湾アクアラインの事故概要
東京湾アクアラインの事故・再発防止策を発表

東京湾アクアラインで事故、あわや大参事…Twitterの反応

13日に東京湾アクアラインを走行していた高速バスが交通事故を起こしていたことが明らかになりましたが、64歳の男性運転手が脳出血を起こしていたことが事故の原因でした。この運転手の方は病院へ搬送され治療を受け、命に別状はないということです。

乗客の1人は「海に落ちるかと思った」と話しており、大参事になる可能性もあった事故です。

東京湾アクアラインであわや大事故…高速バス運転手が脳出血

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)