日本工業大学 東京デザインウィーク展示物で火事、木製ジャングルジムの中には白熱電球=明治神宮外苑の火災で佐伯健仁くんが死亡

日本工業大学 東京デザインウィーク展示物で火事、木製ジャングルジムの中には白熱電球=明治神宮外苑の火災で佐伯健仁くんが死亡

6日午後5時20分頃、東京都新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑近くの軟式野球場で行われていた「東京デザインウィーク」のイベント会場で日本工業大学の学生が作成したジャングルジム型の作品「素の家」が燃える火事がありました。

火事の原因は展示物の中の白熱電球の熱によって中に詰められた木屑(おがくず)が燃えた可能性が指摘されており、警察と消防が原因を詳しく調べています。また、この火災で、東京都港区に住む5歳の男の子・佐伯健仁くんが死亡したほか、44歳の父親と他の40代の男性の2人がけがを負いました。

日本工業大学が制作し炎上した展示物は、ジャングルジムのような形の木製の展示物で、高さ3メートル・幅5メートル・奥行き2メートルほどの作品。中に人が入って遊べるようになっており、ネットには子供が中で遊んでいる写真などが投稿されています。

※大学側の説明では展示物の中はLED電球1個で照らしていたということですが、制作者側が警視庁の調べに「白熱電球を点灯させていた」と話していることが、新たにわかりました。

明治神宮外苑の東京デザインウィーク会場で火事=ジャングルジム型の展示物が燃え5歳男児が死亡

2016.11.06

火事を起こしたのは日本工業大学のジャングルジム作品「素の家」と判明

明治神宮外苑の軟式野球場で行われていた「東京デザインウィーク2016」で起きた火事の原因は、埼玉県宮代町にある日本工業大学の工学部建築学科の生徒らが活動する部活動や新建築デザイン研究会が作成した「素の家」というジャングルジム型の作品の中から火が出て燃えたということがわかりました。

日本工業大学の新建築デザイン研究会はここ数年間、毎年、東京デザインウィークに作品を出展していたということです。

また、火事を起こした展示物を作成した日本工業大学が6日夜に緊急会見を開き、「本当に申し訳なく思っています」「お子様が亡くなったと聞いていて、事実確認を急ぎたい」などと話しています。

燃えたジャングルジムの展示物は日本工業大学の3年・4年の学生が学校内で作成したものを会場内に持ち込んだということがわかっています。

Twitterには展示中の素の家の写真や、中に入って遊んでいる子供の写真などが投稿されている。

火事の原因は白熱電球と木屑?

上で紹介した写真にも映っていますが、日本工業大学が作成したジャングルジム型の展示物「素の家」は中に入って遊べる作品ですが、展示物の中には大量の木屑(おがくず)が詰められていた上、中で光っているが白熱電球だったとみられています。

白熱電球は点灯時にかなりの高温になることから、展示物の中の木屑に火がつき燃えた可能性が指摘されていますが、警察・消防が詳しい出火原因を調べています。

ジャングルジムは木製の骨組みに木屑が詰められ、白熱電球の熱が加われば燃えるという予想が出来たと思われますが、展示が許可され子供が中に入って遊んでいました。

また、ネット上ではジャングルジムのような作品を制作している途中とみられる写真が公開されていますが、白熱電球ではなく工事現場などで使用される「投光器」が写真に映っています。

死亡した5歳男児は佐伯健仁くんと判明

この火事で死亡したのは東京都港区に住む5歳の幼稚園児・佐伯健仁(さえき けんと)君と判明しました。死因は焼死とみられており、健仁くんを助けようとした44歳の父親と男性が顔にやけどを負って病院に搬送されています。

警察は、明治神宮外苑の東京デザインウィーク火災で5歳男児が死亡したことをうけ、今後、更に詳しい捜査が行われ出火原因や過失責任などを追求する方針です。

日本工業大学「東京デザインウィーク」展示物で火事…Twitterの声

日本工業大学 東京デザインウィーク展示物で火事、木製ジャングルジムの中には白熱電球=明治神宮外苑の火災で佐伯健仁くんが死亡

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

10 件のコメント

  • 白熱電球の投光器が犯人であると決めつけるような報道がなされたままマスコミ各社はもうこの事件を忘れてしまったようですが、電球の周囲を木くずで覆い尽くすような暴挙でもしなければ、投光器の熱だけで発火に至ることは有り得ません、実験してみれば直ぐに分かることです。
    しかし、投光器の熱で乾燥した木くず(カンナくず)が極めて燃え易い状態に成っていた可能性はあります。その場合は静電気のような極小さな火花でも発火するかも知れません。このような場合、発火原因を正確に特定することは困難であると思います。
    投光器を点灯した学生を擁護する気は毛頭ありませんが、彼の責任を法的に確定するのは難しいでしょう。

  • 展示場で遊べるのならば、作り手が責任を持って怪我をしない様にとか配慮して欲しかったです。その後の態度も問題が有るのでは無いでしょうか?一生懸命に作ったのかもしれませんがこの結果から逃げずに対応して頂きたい。

  • 父親と40代の男性が怪我を負ったみたいだけど、これ作った学生は指咥えて見てたのかな。死ぬ気で助けに行くべきだったんじゃないのか。

  • 自分かかつてADをやったイベントを思い出して、可燃物禁止の所に可燃物持ち込む。ご年配が大勢くるのに、フロアを暗くして足元の灯りだけにする。おまけに足元には配線がむき出しになっている。
    案の定、お年寄りが足をひっかけて怪我したら、事後処理をADである自分に押し付けて、ディレクターとプロディーサーは雲隠れ。

    事故前、ディレクターとプロディーサーはこんな事のたまってた。
    「安全性?なんとかなるだろ?オレの作品の細かい事ガタガタいうな。」

    同じような考えで、イベントの準備が進んでたんだろ。
    ほんと、アーティストとかクリエイターの傲慢さが招いた事件だと思う。

  • この火災で5歳の子供が亡くなったけど、どこが責任取るんだろうね…

  • 木屑は着火剤だったのかな?
    まさか、ここまで阿呆な設計になってるとは、普通思わないわな。
    照明にしても、今は高輝度低発熱で行ける様になってるし、工業大学の展示物ならそれなりの配慮があると思ってしまうのが普通の感覚だと思うけど、違うのかな?

  • 「火が出るって予想出来た」って皆さんコメントされていて常識!って言う割には、燃えるまで主催者、来場者含め誰も指摘しなかった。
    これが私も含めた日本人の危機管理意識の低さの表れ。

    • 指摘した人はいたようです。展示物を見て火災に対する危機管理に関してどうなってるか聞いたら学生に鼻で笑われたって。検索すると出てきますよ。