ジャーナリストの常岡浩介氏がクルド自治政府当局に拘束される=ISのイラク最大の拠点モスルの奪還作戦を取材中

ジャーナリストの常岡浩介氏がクルド自治政府当局に拘束される=ISのイラク最大の拠点モスルの奪還作戦を取材中

過激派組織IS(イスラム国)の支配下にあるイラク第2の都市モスルの奪還作戦(モスル奪還作戦)が続いているモスルの近郊で、日本人のフリージャーナリスト・常岡浩介氏がクルド自治政府当局に拘束されたことが明らかになりました。常岡浩介氏は過去にもタリバンに拘束される過去などがある。

常岡さんは、イラク軍やクルド人部隊が今年10月から進めている「IS」イラク最大の拠点モスルの奪還作戦を取材するため、イラク北部を取材のため訪れていたところ、拘束されたという見方が強まっている。

関係者によると、常岡さんは過激派組織「イスラム国」との関連を疑われたため、27日にモスル郊外で拘束され、その後クルド人自治区の中心都市、アルビルに移されたという。常岡さんは「イスラム国」の拠点モスルの奪還作戦の取材にあたっていた。

在イラク日本大使館は面会を申し入れるとともに、拘束に至った状況などの確認を急いでいる。

ジャーナリスト・常岡浩介氏のTwitterアカウント

常岡浩介さんのTwitterアカウント「☪常岡浩介容疑者☪(@shamilsh)」の最後の投稿は、10月28日午前9時前、ジャーナリスト・高世仁さんのブログ投稿「PKO部隊が駆け付け警護を拒否する南スーダン(高世仁氏のブログ)」を紹介する内容でした。

また、2年前の2014年にはTwitter上で殺害された湯川遥菜氏についても触れており、その際の投稿では「ISの友人に~」と投稿されているが、関係については不明。

去年撮影された常岡浩介さんの姿
(去年撮影された常岡浩介さんの姿)

フリージャーナリストの常岡浩介さんがイラクで拘束される…Twitterの反応

ジャーナリストの常岡浩介氏がクルド自治政府当局に拘束される=ISのイラク最大の拠点モスルの奪還作戦を取材中

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)