双子の兄弟が兄を刺す殺人未遂事件、大阪府堺市中区八田西町の住宅で事件発生=田中宏城・田中秀城を殺人未遂容疑で逮捕

双子の兄弟が兄を刺す殺人未遂事件、大阪府堺市中区八田西町の住宅で事件発生=田中宏城・田中秀城を殺人未遂容疑で逮捕

29日午前、大阪府堺市中区八田西町2丁目の住宅で、この家に住む仲谷誠二さんが包丁で刺されるなどした殺人未遂事件があり、仲谷誠二さんが重傷を負った。事件から約1時間後に逃走していた双子の兄弟・田中宏城容疑者と田中秀城容疑者が警察署に出頭し、殺人未遂容疑で逮捕された。兄弟間の不仲が犯行動機とみられています。

この殺人未遂事件は10月29日午前11時20分頃、堺市中区八田西町2丁目の住宅でこの家に住む長兄の仲谷誠二さん(33)を弟で双子の兄弟・田中宏城、秀城容疑者2人が共謀し、包丁で肩を刺したりスパナで頭を殴ったりし、殺害しようとした事件です。被害者の仲谷さんは肩など3カ所を刺され重傷ですが、命に別条はないということです。

殺害されそうになった仲谷さんはこの家に養子として迎えられており、逮捕された双子の兄弟は「10代の頃から憎かった」と犯行動機について話しています。

逮捕されたのは双子の兄弟、警察署に出頭

この殺人未遂事件で逮捕されたのは、被害者の仲谷誠二さんの弟のあたる田中宏城容疑者と双子の弟の秀城容疑者(共に32歳)の2人です。事件後、現場から逃走していましたが、事件から約1時間後に警察署に出頭したところを逮捕されました。

犯行動機は長兄への恨みか…逮捕の2人が供述

逮捕された田中宏城容疑者と田中秀城容疑者は警察の調べに対し、「10代の頃から兄(仲谷誠二さん)が憎かった」などと供述した上で、包丁で肩などを刺した逮捕容疑を認めています。

刺された仲谷誠二さんは養子だったということがわかり、警察は今後、兄弟間のトラブルを中心に更に詳しい犯行動機などを追及する方針です。

殺人未遂事件が起きた場所と周辺の地図

殺人未遂容疑で逮捕された田中宏城容疑者と田中秀城容疑者が兄の仲谷誠二さんの肩を包丁を刺したり、肩をスパナで殴るなどして殺害しようとした殺人未遂事件が起きた現場は、大阪府堺市中区八田西2丁目にある一軒家です。

殺人未遂事件が起きた大阪府堺市中区八田西町の住宅
(殺人未遂事件が起きた大阪府堺市中区八田西町の住宅)

(大阪府堺市中区八田西町2丁目の周辺地図:グーグルマップ)

大阪府堺市中区八田西町の住宅で殺人未遂事件発生、双子の容疑者2人を逮捕…Twitterの反応

双子の兄弟が兄を刺す殺人未遂事件、大阪府堺市中区八田西町の住宅で事件発生=田中宏城・田中秀城を殺人未遂容疑で逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)