浜松市浜北区の一軒家で腐敗した夫の遺体を放置、五十嵐裕美子を死体遺棄容疑で逮捕=万引き事件の捜査で遺体発見

浜松市浜北区の一軒家で腐敗した夫の遺体を放置、五十嵐裕美子を死体遺棄容疑で逮捕=万引き事件の捜査で遺体発見

静岡県浜松市浜北区小松にある住宅の浴室内で腐敗が進んだ遺体が見つかった死体遺棄事件で、この家に連絡が取れなくなっていた夫と2人で暮らしていた五十嵐裕美子容疑者(61)を死体遺棄容疑で緊急逮捕したと明らかになりました。発見された遺体は五十嵐容疑者の夫とみられていますが、性別が分からないほど腐敗が進んでいました。

この事件は、10月29日早朝、浜松市内のスーパーで起きた万引き事件の捜査で浜松市浜北区小松にある五十嵐裕美子容疑者の自宅を訪れた際、自宅内の腐敗臭に気付き、捜索を行ったところ、蓋が閉められた浴室内から腐敗した遺体が見つかったものです。

五十嵐容疑者は調べに対し、見つかった遺体は連絡が取れなくなっている夫(旦那)の遺体であることを認めたうえで、約4カ月前に死亡したので放置していたといった供述をしている。

警察が遺体の身元を夫とみて調べると共に、死亡した原因などを詳しく捜査しています。

浴室で見つかった遺体は五十嵐裕美子容疑者の夫との見方強まる

万引き事件の捜査で訪れた自宅で遺体が見つかったこの死体遺棄事件。浴室で遺体は連絡が取れなくなっていた五十嵐裕美子容疑者の60代の夫との見方が強いが、遺体は死後数カ月が経っており、腐敗が進んでいたことからも性別の判別も難しい状態だという。

警察は遺体の身元や死亡当時の状況などを慎重に調べています。

夫の死亡原因は?五十嵐裕美子容疑者はなぜ遺体を放置したのか?

腐敗した遺体が見つかったことで、死体遺棄容疑で逮捕された五十嵐裕美子容疑者は警察の取り調べに対し、「今年6月頃に死亡したが放置していた」と容疑を認める供述をしている。

しかし、現在までになぜ夫が死亡したのかは明らかになっておらず、何らかの原因で死亡(病死や突然死)したのか、何者かによって殺害されたのかもわかっていません。

この辺りの謎は今後の捜査で明らかになると思われます。

五十嵐裕美子容疑者の自宅がある浜松市浜北区の場所と周辺の地図

死体遺棄容疑で逮捕された五十嵐裕美子容疑者の自宅は静岡県浜松市浜北区小松にある茶色の外壁の一軒家。この一軒家の詳しい場所は明らかになっていませんが、遠州鉄道鉄道線の浜北駅・遠州小松駅の西側に位置する地域です。

遺体が見つかった浜松市浜北区・五十嵐裕美子容疑者の自宅 遺体が見つかった浜松市浜北区・五十嵐裕美子容疑者の自宅 2
(遺体が見つかった浜松市浜北区・五十嵐裕美子容疑者の自宅)

(浜松市浜北区小松の周辺地図:グーグルマップ)

静岡県浜松市浜北区小松で腐敗した遺体が見つかる…Twitterの反応

浜松市浜北区の一軒家で腐敗した夫の遺体を放置、五十嵐裕美子を死体遺棄容疑で逮捕=万引き事件の捜査で遺体発見

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)