WindowsUpdate「KB3189866」更新ファイルのダウンロードで不具合報告相次ぐ

WindowUpdate「kb3189866」更新ファイルのダウンロードで不具合報告相次ぐ

日本時間の9月14日、WindowsUpdateで配信された「KB3189866」というアップデートファイルのダウンロードが終わらないという報告が相次ぎました。

KB3189866の正式ファイル名は「x64ベースシステム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」で、Windows10用の更新プログラムファイルです。報告によると、ダウンロードが45%から50%前後で止まってしまい、そのまま待っても更新できないとのことです。

対応策としてはMicrosoftUpdateカタログから「KB3189866」の更新ファイルを個別ダウンロードすれば対応可能なようですが、マイクロソフト公式からの正式発表がありませんので、対応されるまで待った方が良いという声もあがっています。

Windows10用の更新ファイル「KB3189866」のダウンロードが止まるとの報告相次ぐ

9月14日にWindowsUpdateで配信された「KB3189866」というファイルをダウンロードする際、ダウンロードの進捗状況が50%前後で停止してしまう不具合が発生しています。いつまで待っても更新が終わらないという報告が、Twitter上に多数投稿されています。


WindowUpdate「kb3189866」ダウンロードで不具合1
WindowUpdate「kb3189866」ダウンロードで不具合2

Updateカタログから個別ダウンロードで問題を回避可能?

マイクロソフトのアップデートファイルを公開しているサイト「MicrosoftUpdate カタログ」から不具合が報告されているアップデートファイル「KB3189866」を個別にダウンロードし、適用することで問題を回避できるという投稿もみられましたが、マイクロソフトの公式回答がないため、対応発表後にダウンロードしアップデートしたほうが良いかもしれません。

14日に配信された「KB3189866」というアップデートファイルに不具合があり、ダウンロードが終わらないという報告が相次ぎました。
この件に関しては、今後の対応を待つ形となりそうです。
WindowUpdate「kb3189866」更新ファイルのダウンロードで不具合報告相次ぐ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)