千葉県流山市自転車通り魔事件で、近所に住む無職・清水麻美容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕

流山自転車通り魔事件で、33歳無職の女を殺人未遂容疑で逮捕

千葉県流山市で通り魔事件発生。会社員・原敏昭さん(58)が、自転車に乗った何者かに後ろから刺され重傷。
4月20日午後6時45分ごろ、千葉県流山市東初石2の路上で会社員・原敏昭さん(58)が、自転車に乗った何者かに後ろから刃物で背中を刺された事件で逮捕されたのは、33歳無職の女性でした。
5月24日、千葉県警は現場近くに住む無職・清水麻美容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕しました。
清水容疑者の供述では、直前に付近の路上を自転車で走行中に男性とすれ違いざまにトラブルとなり、口論になったことがもとで、「腹が立って刺した」と容疑を認めています。
原さんと清水容疑者の間には、面識はなかったようです。

流山自転車通り魔事件・複数の防犯カメラに捉えられていた清水容疑者

原さんは、搬送時に「痛いと思った時に左側から自転車が通り過ぎた」と証言していたことから、周辺の防犯カメラや、付近を通行した車のドライブレコーダーの映像解析を徹底してきました。
事件直後、複数のカメラから自転車に乗った清水容疑者が確認できたことから、捜査線上に浮上し、この日の逮捕に到りました。

流山自転車通り魔事件・殺意に目覚めていた清水麻美

清水容疑者が刃物を携帯していたのか、家に取りに帰ったのかは不明ですが、「肺にまで達する刺し傷」とあることから、完全に殺意に目覚めている女性であったことがわかります。
歩道を自転車で通行中に、そのへんのおやじに説教を食らったぐらいで、普通は殺意を抱くことはありません。
すでに殺害する準備はいつでも整っていた、と見るのが順当でしょう。
外見的にもかなりヤバイものがあったのではないでしょうか?

流山自転車通り魔事件・あの事件のヒラヒラさんとの類似点は?

そこで思い出されるのが、03年の「名古屋・自転車通り魔の女性殺傷事件」の無職・伊田和世(当時38歳)です。
伊田もやはり殺意に目覚めていた人間で、刺殺体が出てくる猟奇ビデオを多数観て、「人を刺して見たい」と殺人願望を持つようにもなっていったことを供述しています。
その動機はとんでもないもので、
「どうせ刺すなら、苦労知らずのお嬢様っぽい女の子がいい。相手が幸せな生活から不幸のどん底に落ちれば、スッキリする」
さらに信じられないことに、
「意外に手応えがなく、血も出なかった」
と、物足りなさを感じ、2日後にまた、別の面識のない女性を刃物で襲っています。

流山自転車通り魔事件・目覚めたヤツらに気をつけよう!

新潟市西区小2女児殺害事件で、近所に住む会社員小林遼容疑者(23)を逮捕。
を巡る書き込みの中に、このようなものを見つけてドキッとしました。
>早くロリペドや残酷なエログロは規制してほしい。目覚める人間を減らさないとダメだこりゃ
マニアックな映像・画像ソースへのアクセスが容易になるにつれ、人知れず目覚めている人間が急増しているとしたら、ゾッとします。
清水麻美容疑者は、どのような過程で殺意に目覚めていったのか、その点が明らかにされないことには事件解決とはいえないでしょう。

流山自転車通り魔事件犯人逮捕に一安心も、拭い去れない不安

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。