不審な遺体相次ぐ!滋賀県高島市今津の住宅街路上に男性の焼死体。東京JR水道橋駅前には、ビルとビルの隙間に男性遺体。

滋賀県高島市今津の住宅街路上に男性の焼死体

5月21日午前5時半ごろ、滋賀県高島市今津町浜分の市道に、成人男性の焼死体が横たわっているのを、散歩中だった男性が見つけ、110番通報しました。
警察によると、遺体は衣類も含めて全身が焼けた状態、あおむけで両手を上げるような姿勢でした。
焼死体の近くにライターが落ちているのが見つかりましたが、所持品や遺書のような物は発見されていません。
また、遺体にはやけど以外の目立った外傷は見つかっていません。
警察は自殺と事件の両面で捜査を進めており、明日22日に司法解剖する予定です。
現場はJR湖西線・近江今津駅から北東に約2・5キロの住宅街です。

滋賀高島市路上焼死事件・滋賀県にはいつも焼死体が転がってるの?

昨日に続いて、本日も不審な遺体が、日常の生活空間で見つかっています。
熊本県大津町のビジネスホテルの駐車場の車中で発見された遺体の身元が、福岡市の宮田道人さん44歳と判明。
全国ニューになる残虐事件続発の滋賀県ですが、3月14日のバラバラ遺体事件も未だ身元すら判明していません。
滋賀県守山市の旧野洲川南流の河川敷に切断された女性遺体、死後1週間から2週間 バラバラ殺人か?
4月17日付で、被害者の血液型がB型で、身長が150センチ~160センチ台であることが報じられたのを最後に続報も途絶えています。
本日の焼死事件も、焼身自殺とも、焼殺とも判然といたしませんが、いずれにしても命をものともしない、残虐への強い意志が感じられます。
焼身自殺だとしたら、ひっそりと消え入ることを由としない残虐な死への強い指向性には、化けて出ずには済まされない深い怨念を感じられますし、焼殺であった場合には人間であることをやめざるをえないほどの、殺意の深さに震撼させられることになるでしょう。
不審な遺体は、もう一体見つかっています。

東京JR水道橋駅前のビルとビルの隙間に男性遺体

5月21日午前11時前、千代田区神田三崎町のビルから「人が倒れている」と110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、ビルとビルの間に男性が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。

警視庁神田署は倒れていたのは成人男性と発表しています。
また、遺体に目立った外傷はなく、若干腐敗が進んでいるということです。
警察は身元の確認を急ぐとともに、事件や事故、自殺を視野に詳しい死亡の経緯を調べています。
現場はJR水道橋駅に隣接する雑居ビルの間で、ビルとビルの間は50センチ程度でした。

東京JR水道橋駅前ビルの隙間遺体・隙間50センチ住宅だったのか?

TOKYO No.1 SOUL SET の「ELEPHANT BUMP」の歌の文句ではありませんが、「ビルの間からの妙な音」に誘われて迷い込んだのでしょうか?
「遺体に目立った外傷はない」ということが、かえって不気味に光る事件です。
「若干腐敗が進んでいる」ということからも、遺体の主が壁人間として、いつからビルとビルの間の50センチ住宅をネグラとしていたのか、興味の湧くところです。
ひょっとして、平成の失われた30年を壁人間として生き抜いたのだとしたら、安部公房もびっくりでしょう。
都会で野生動物として生きるということは、壁人間として生きることを示唆しているようにも思えます。
彼が吐いた、命の果ての最期の咆哮が、どういうものだったのか?想像力を働かせねばならないでしょう。

滋賀高島市の焼死体、東京JR水道橋駅前ビルの隙間遺体に近隣住民ビックリ・ツイート

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。