埼玉連続放火事件発生。吉川・越谷両市で4件の連続火災。周辺では4月から12件もの火災が発生。

埼玉県吉川・越谷両市で深夜に4件の連続火災。放火の可能性も

5月2日未明、越谷市と吉川市で4件の火災が相次ぎました。
吉川市の住宅火災の焼け跡からは、は高齢の女性とみられる遺体が発見されました。
吉川・越谷両市内では4月にも、少なくとも8件の火災が発生しています。

警察は周辺で発生した12件の火災にについても、連続放火の疑いもあるとみて特別捜査班を設置して捜査しています。


5月2日、埼玉県吉川・越谷両市で4件の連続火災現場

午前1時過ぎ、越谷市中島の住宅から出火、木造平屋住宅が全焼しました。
約3分後には、直線で約430メートル離れた越谷市東町1丁目の住宅の物置から出火、物置の外壁などが焼損しています。
さらに約4分後には、吉川市吉川の住宅から出火、木造2階建て住宅が全焼し、避難のため2階から飛び降りた男性が左足を骨折しました。
約3時間後の午前4時15分過ぎ、吉川市川藤の浅見なかさん(85)方から出火。
木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかり、浅見さんの可能性があるとみて、県警は身元の確認を急いでいます。

5月1日、埼玉県さいたま市南区・緑区で3件の連続火災現場

1日午前0時10分過ぎ、さいたま市南区広ヶ谷戸の住宅で出火。
火はおよそ4時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての空き家が全焼しました。
その6分後、およそ500メートル離れた、さいたま市南区大谷口の住宅でガレージに置いてあったタイヤなどが燃えているのが見つかります。
さらに午前0時20分すぎ、南区と隣接するさいたま市緑区中尾で事務所を兼ねた木造2階建ての住宅が全焼する火災が発生しました。
わずか10分ばかりの間に相次いで発生した3件の火災は、はおよそ900メートルの範囲で起きていて、いずれも火の気のない場所だったということです。
さいたま市内では、29日にも現場から2キロ~3キロほど離れた緑区三室で住宅の自転車置き場が焼ける不審火がありました。

埼玉連続放火、吉川・越谷・さいたま市の連続火災の恐怖に震える住人

捜査関係者の話しでは、そのほとんどが火の気のない建物の外側から出火したとみられています。
吉川市の現場近くの住人の証言では、
「玄関の横にひさしが出ていて、色んなものがあったんですよ。それだけが燃えていた」
画像を見てもわかる通り、火の勢いは凄まじく、現場周辺は風の強い地域なうえに住宅が密集していることから、類焼を免れただけでも奇蹟的だと、消防の活躍を称賛する声も聞こえてきます。
いずれの不審火も、深夜の寝静まった時間帯に発生していることから、強烈な悪意が感じられます。
また放火されているのは住宅ばかりで、短時間の内に集中して行われていることから、市民社会に対する無差別テロとも呼べる殺意が感じられ不気味ですね。
こんなことをしでかせば、死刑になることぐらいは覚悟の上でしょう。
この強烈な殺意はいったいどこから来るのでしょうか?

待ち望まれる、吉川・越谷・さいたま市の連続放火の一刻も早い解決

近隣の住人の中には、旅先や帰省先で不安な夜をお過ごしになった方も多いと思います。
またGWちゅうの外出を手控えた方もいらっしゃるかと思います。
一刻も早い事件解決をご祈念いたします。

吉川・越谷・さいたま市の連続火災・住民が多いためツイッター上にも恐怖の投稿多数

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js