大阪府住吉区で、マンションの5階から、2歳長女を12メートル下に投げ落として死亡させ、殺人容疑で母親(31)逮捕!

大阪府住吉区女児転落死・母親(31)が2歳長女を12メートル下に投げ落とす。

4月30日午前9時30分前、大阪市住吉区苅田2丁目のマンションで、「子どもが転落した」と通行人の女性から119番通報が入りました。
駆けつけた警察官らが、このマンションの5階に住む磧本優月ちゃん(2歳)が倒れているのが見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されました。
大阪府警住吉署は、優月ちゃんの母親がベランダから子どもを落としたという趣旨の説明をしたため、無職・磧本佳巳容疑者(31)を殺人容疑で緊急逮捕しました。
ベランダには高さ約1・1メートルの手すりがあることから、磧本容疑者が2歳の優月ちゃんを手すり越しに投げ落としたとみて、犯行の経緯を調べています。

大阪府住吉区2歳女児転落死事件・現場に谺した大きな悲鳴

現場は大阪メトロ御堂筋線長居駅から南東約600メートルの住宅街です。
ここで磧本容疑者は、夫(36)と優月ちゃんの3人で暮らしていました。
同じマンションに住む40代の女性は、
午前9時過ぎに大きな悲鳴を聞き、部屋から下をのぞくと地上に子どもが倒れていたため、急いで下に降りてみると男性が心臓マッサージをしながら「近くにお医者さんはいませんか!」と叫んでいたといいます。
近くのマンションに住む20代の女性の証言では、
男性が「大丈夫だよ!」と必死に子どもに話しかけ、その近くに女性が道路に座り込み、うなだれていたのを目撃しています。

大阪府住吉区2歳女児転落死事件・悪人の存在が見えない事件

オレオレ詐欺や、野犬の引き起こす凶悪事件と違って、悪人がひとりも出て来ない事件には胸が痛みます。
また、善人同士が引き起こす衝動事件は、その行為の悲惨さばかりが目につきます。
さらに被害者が2歳女児とあってはなおさらです。
子煩悩らしい夫が、「大丈夫だよ!」と必死に子どもに話しかけ、その近くの道路に座り込み、うなだれていた磧本佳巳容疑者。
発作的な凶行に及ぶまでに要した時間は多く見積もっても、1分にも満たないでしょう。
その魔の60秒を自分に重ね合わせられないとしたら、その人は絶望的なまでに苛酷な不幸を生きている人か、滑稽なまでに一般論が人生になっている人か、そのどちらかでしょう。

大阪府住吉区2歳女児転落死事件・磧本佳巳容疑者は畠山鈴香の再来か?

ネット上では当然「畠山鈴香」の再来を見たような、転載も憚られるようなひどい書き込みに溢れています。
しかし事件報道を見る限りでは、こんなことをしでかすまでに追い込まれてしまった、磧本佳巳容疑者が不憫に思われてなりません。
事後の対応の適確さから、夫の有能な人物像が浮かび上がることからも、磧本容疑者も社会人としては有能だったのかもしれません。
磧本容疑者を凶行に走らせた動機として、「母親神話の呪縛」を挙げておられる慧眼な説を見ました。
お受験がらみの事件でよく囁かれる「母親神話の呪縛」ですね。
ヤンキーが子供を産めばそれまでの愚行がチャラになる解放を意味するのと対称的に、社会的に有能であった女性には逆に母親としても有能でなければならないという呪縛となるとしたら不幸なことです。
セクハラ・パワハラが取り沙汰される以上に、「母親なんだから」、「母親のくせに」、「それでも母親か」といったママハラの方が、大きな問題なのかもしれません。
あまりにも日常的に蔓延しすぎているために、「母親神話」を疑ってみることすらしないのではないでしょうか?

大阪府住吉区2歳女児転落死事件にツイッター民も言葉を失っているようです

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js