元京都地検宮津支部副検事・平綱浩貴被告(44)同僚女性宅に21回侵入の起訴内容認める。

のぞき副検事・平綱浩貴被告(44)に求刑懲役2年6月

4月27日、京都地裁(石井寛裁判官)で、同僚女性の自宅にのぞき目的で21回侵入したとして窃盗と住居侵入の罪に問われた、元京都地検宮津支部副検事、平綱浩貴被告(44)の初公判が開かれました。
平綱被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年6月を求刑。
弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審しました。
判決は5月11日です。

のぞき副検事・平綱浩貴被告は一ヶ月に21回のぞき目的で侵入

起訴状から明らかになったのは、平綱被告は今年1月24日、事情聴取に向かうため乗った電車の停車中、同行していた検察事務官の女性が席を離れた隙に、かばんからキーケースを盗み、その日の夜から2月23日まで21回、女性宅に侵入していました。
異変を察した被害女性は、室内に監視カメラを設置しており、そこには信じ難い光景が記録されていました。
平綱被告が女性の下着のにおいをかいだりする様子が映っていた
のです。
論告で検察側は「短期間に繰り返し侵入し、常習的で執拗かつ陰湿。」と、ストーカー的な体質を指摘し、実刑判決を求めています。
一方、弁護側は「被害者と和解が成立し、懲戒免職処分を受けるなど社会的制裁を十分に受けている。充分に反省し、再犯のおそれは少ない」と情状酌量を求めています。

のぞき副検事・平綱浩貴被告VS石井寛裁判官

被告人質問で、犯行の動機を問われると平綱被告は、
「被害者の私生活をのぞき見たいと思った」
と述べています。
石井裁判官からは、
何がしたかったのかイマイチ分からない
気持ち悪いことをしていると思わなかった?
と、問い糾されると
平綱被告は言葉に詰まりながら
何を身につけ、何を食べているのか、興味を持ってしまった
と、弁明しています。

のぞき副検事・平綱浩貴被告、歪んだ愛情か?職業病か?

一ヶ月に21回もの、のぞき目的で侵入というのは、のぞき事件としては異例なのではないでしょうか?
もうほとんど自宅感覚で、のぞきという非日常性は薄れ、のぞきが生活の一部になっている感があります。
やはり単純なのぞきという以上に、ストーカー的な病理が感じられますから、心の病の治療が必要でしょう。
裁判官の石井寛さんのドノーマルぶりがまた、笑いを誘うところです。
「気持ち悪いことをしていると思わなかった?」
変態さんに対する、身も蓋もない無理解ぶりがイカしています。
しかし、平綱被告の犯行動機は、単なる異常な愛情なのか、隠されてあるものにしかリアルを感じることが出来ない職業的な弊害なのかは気になります。

のぞき副検事・平綱浩貴被告、怖いのか?笑えるのか?

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。