不妊治療最後の砦「セントマザー産婦人科医院」で、死亡事故。担当医や院長らを業務上過失致死の疑いで書類送検。

福岡県北九州市「セントマザー産婦人科医院」で、不妊治療死亡事故

4月23日、16年11月16日に30代の女性が不妊治療を受けたあとに死亡した事故について、福岡県警は事故の原因は担当医らの注意不足にあったとして、業務上過失致死の疑いで北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の当時の男性担当医(37)や男性院長(68)ら医師3人を書類送検しました。
担当医の送検容疑は、卵管の詰まりを取り除くために、女性会社員(37)の子宮内に大量の空気を繰り返し送り込む「通気治療」中に、その一部が血管に入るなどして心肺停止状態になり、意識が戻らないまま翌月1日に多臓器不全で死亡させた疑いです。
院長は通気治療の危険性に関し十分な指導や教育を施す監督責任があった、立ち会った別の男性医師(37)は治療を制止する責任があったとして、書類送検しました。

「セントマザー産婦人科医院」不妊治療死亡事故・現場の混乱

捜査関係者の話から見えてくるのは、不妊治療で国内トップレベルの技術を誇る「セントマザー産婦人科医院」とは思えない現場の混乱ぶりです。

腹腔鏡検査を実施した際、担当医が子宮内に大量の空気を注入したことが事故の発端です。
この時、医院長は卵管の検査で異状がなかったため、施術を中止するよう指示しましたが、担当医は独断で卵管の通過性を高めようと大量の空気を注入します。
通常この治療過程では、血液に溶けやすい炭酸ガスを使うのが一般的で、空気を使うのは珍しいということです。
担当医は数百CCの空気を注入したとされており、その一部が血管に入るなどして心肺停止状態に至ったとみられています。
担当医は治療の危険性を認識した上で、
「自然妊娠がしやすくなるようにやった」と供述しています。

「セントマザー産婦人科医院」不妊治療死亡事故・病院の評判

「セントマザー産婦人科医院」は、看板倒れの妊活病院ではなく、名実ともに日本一の不妊治療病院であることはすぐにわかります。
病院名で検索すると、全国からこの病院に集まる、不妊に悩む女性の通院ブログが見つかります。
不妊治療の最高峰と、確認するまでにはさほどの時間を要しません。
また一方で、尾ひれがついて患者が殺到する、いわゆる行列が出来る系病院に共通する「処置の粗雑」を指摘する書き込みもあります。
それでもやはり不妊に悩む多くの女性からは、最後の砦として大きな期待を集めていることには揺るぎがありません。

「セントマザー産婦人科医院」不妊治療死亡事故・命を授かりたい病と向き合うこと

本人はいたって健康体で、命を授かりたい一心で受けた治療が元で命を落としてしまうとは、やりきれません。
また、こんなせつない書き込みも見つかりました。
この検査すごく痛くて辛い
これで死ぬとかキツいなあ

「卵管に空気を送り込む際に誤って血管に空気が入った」というのは、いかにも突貫工事の感が拭いがたく、一瞬にせよ、命を授かりたい病と向き合う治療者の信念を見失ってしまったのでしょうか?

「セントマザー産婦人科医院」不妊治療死亡事故・表と裏

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js