東京都江東区で、中3少女が友人宅から現金1000万円窃盗で逮捕。中学の同級生約10人に現金を配る。

東京都江東区で中3少女友人宅から1000万円窃盗

4月16日、警視庁は、小学校時代の友人宅から現金1000万円を盗んだとして、東京都江東区の中学3年生の少女(14)を窃盗容疑で逮捕したことを発表しました。
被害に遭った小学校時代の友人宅には、週に何度も遊びに行く仲でした。
少女は「1月ごろ遊びに行ったとき、2回にわたって札束を盗んだ」と容疑を認めています。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・現場はタンス預金に無頓着な家

少女の逮捕容疑は、1月初旬~2月27日、小学校で同学年だった友人の自宅マンションの一室から、現金1千万円を盗んだということです。
この友人の母親・無職(41)が2月下旬、現金がなくなっていることに気がつき、3月3日に深川署に届け出たことで、事件が発覚しました。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・母親の隙を見て現金奪還

2月中旬、母親が、少女の自室クローゼットから、トートバッグに入った帯付きの現金約1000万円を発見し、少女に尋ねると
「知らない男に預けられた」と説明したため、事件に巻き込まれたのではと、現金を自室に没収しましたが、生徒は母親の隙を見て持ち出し、校内などで同級生約10人に数十万~100万円を配っていました。

母親は翌日、少女を連れて深川署に相談に訪れました。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・回収できない現金の行方は

1000万円窃盗と同級生へのばら捲きの動機に関して少女は、
同級生から仲間外れにされているように感じ、若干ストレスを感じていた
と、供述しているそうです。
現在までに、盗みだされた現金1000万円のうち、740万円を回収しました。
少女宅からも50万円が見つかりましたが、残りの約210万円はまだ見つかっていません。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・お金で買えないすてきな4人

主要登場人物4名が、すてき過ぎますね。
1000万円窃盗少女には、週に何度も遊びに行けるこんな良いお友だちがいるんですから、中学の教室なんかに友達は要らないでしょう。
被害者宅のお母さんもすてきですね。
現金1000万円が盗まれても、一ヶ月以上も気がつかないのですから太っ腹です。
1000万円窃盗少女のお母さんもすてきです。
「知らない男に預けられた」と言われて、真に受けるのですからメルヘンチックです。
さらにそのすてきなお母さんの隙を突いて、現金を奪還して同級生に配るという破天荒ぶり。
ここまで現金の可能性に対して無頓着というのは、美質でしょう。
この地平からでないと、人間性の拡張というのは実現しないと思います。
これからもプライスレスな4人であり続けてもらいたいですね。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・お金で買える人たち

突然現金を渡された中学の同級生もビックリしたでしょう。
いちばん多額の現金を渡されていて生徒では、100万円にも上るということですから、受け取る方もどうかしてますね。
キレイな金も、キタナイ金もないという絶望を、この年で知ってしまっているのでしょうか?
以前は、学校に友達が一人もいないことを自慢するタイプの生徒がいましたが、今は絶滅したのでしょうか?
IT化が進めば、教室は知的欲求の解放区としてのみ機能して、差別やいじめやヘイトは、各自お好みの変態サークルでやるようになるものかと思ったら、こんなに暑苦しいことになるとは思いもしませんでした。
盗撮ザルにしてもそうですが、道具の機能に情けないまでに忠実な人種はあるものです。

江東区中3少女1000万円窃盗事件・それぞれの立場で驚愕ツイート

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。