今年2月、新潟県上越市で起こった70歳の女性が死亡した火災は、放火殺人だった!清野敬史容疑者(43)を逮捕。わいせつ目的か?

新潟県上越市放火殺人事件・43歳元介護職員逮捕

4月5日、新潟県上越市で今年2月に70歳の女性が死亡したアパート火災で、上越市の元介護職員・清野敬史容疑者(43)を放火と殺人などの疑いで逮捕しました。
警察では、清野容疑者が被害女性との間に金銭トラブルを抱えていたことと、わいせつ目的との両面から動機を詳しく調べています。
清野容疑者は3月、窃盗未遂などの容疑で逮捕されていました。
逮捕容疑は、昨年12月、妙高市の住宅にガラスを割って侵入し、指輪1個(時価1万円相当)を盗んだ窃盗罪としています。
清野容疑者は放火については認める供述をしているものの、「殺害するつもりはなかった」と殺意は否認しています。

新潟県上越市放火殺人事件・火災発生現場

2月18日夕方、新潟県上越市春日野1の2階建てアパート「ハッピークローバー春日野」で火災が発生。
焼け跡からは、この部屋に住む無職・秋山多喜さん(70)が焼死体で発見されました。
発見当時、秋山さんは手を縛られたような状態で、現場には不自然な点が多数残されていました。

上越市放火殺人事件・清野容疑者は近隣では優しい子

清野容疑者は、09年8月に介護職員として採用され、窃盗容疑で逮捕された3月まで、県内の介護施設に勤務していました。
勤務態度は真面目で、秋山さんが死亡した事件後も普段通りに勤務に就いていたということです。
近隣の複数の住人からは、
いつも笑顔で優しそうな子
母親と2人暮らしで親子仲も良かった
と、驚きを隠せない様子です。
地域の防災訓練に参加することもあったが、交友関係は広くはない感じだったという印象を口々に語っています。

上越市放火殺人事件・清野容疑者は隣近所の目が離れると魔少年

しかし、全く違った清野容疑者の一面を語る住民もいます。
小さい頃から近所の布団屋に火を付けたり、人の家に勝手に上がり込んで服を盗んだりする不思議な子だった
不思議というよりも、恐るべき子供というべきでしょう。
また別の住人からも、こんな証言があります。
窃盗未遂で逮捕された時もあまり驚かなかった。今度は何があったんだろう
エロスを発動させる場と、暮らしの場を使い分けるあたり、生来の社会病質者を感じさせるものがあります。

上越市放火殺人事件・清野容疑者の童貞臭いおばちゃんヅラが暗示するものは?

ロンブローゾの「生来的犯罪人説」の亜流のような、ツラを見ればわかるタイプの人からは清野容疑者などは、変態はできても、たいしたことのできないヤツと見られていました。
麻原や林真須美にしてもしかりです。
清野容疑者、凶悪犯罪にはかなり珍しいおばちゃんヅラです。
その内面ではどのような地獄を飼い馴らしてきたのか?

存在自体が地獄の田中美智子以上に気になります。

上越市放火殺人事件・清野容疑者の犯行動機に唖然

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。