不審死列島・今度は岩手県水沢署の失踪巡査部長、東京都内で遺体となって見つかる

岩手県水沢署の失踪巡査部長、東京都内で遺体に

3月27日、昨年11月23日から行方不明となっていました元水沢署刑事課刑事第2係主任の熊谷陽平・元巡査部長(32)とみられる遺体が、東京都内で見つかりました。
遺体は今月中旬に発見され、所持品などから熊谷元巡査部長の可能性が高いと思われます。
現場の状況から事件性は薄いとみられ、警視庁がDNA型鑑定などで身元確認を進めています。

水沢署巡査部長失踪の裏に、当て逃げ事故

元水沢署刑事課刑事第2係主任の熊谷陽平・元巡査部長(32)は、暴力団や薬物捜査を担当していました。
そのことから、闇の勢力の介在が疑われますが、真相や如何に?
時系列に従って振り返ります。

17年11月22日夜、奥州市水沢区でトラックと乗用車の当て逃げ事故があり、翌23日になって同区内で熊谷巡査部長の車が一部破損した状態で見つかります。
県警は熊谷巡査部長が何らかの事情を知っているとみて、行方を捜すとともに事故との関連を捜査しています。
携帯電話は自宅に置いたままだったということです。

水沢署当て逃げ失踪巡査部長、東京都内に潜伏か

12月12日付けで、報道されたのは以下の事実でした。

福島県内で熊谷巡査部長が運転していたとみられる、別の車が乗り捨てられていました。
その後、東京都内で、まとまった現金を引き出していたことが判明します。
東京都内に捜査員を派遣するなどして、懸命に行方を捜し続けています。

水沢署当て逃げ失踪巡査部長、懲戒免職に

18年1月26日、岩手県警は、長期間の無断欠勤で職務を放棄したとして、熊谷巡査部長を懲戒免職処分にしたことを発表。
県警によりますと、熊谷巡査部長は職務態度に問題はなかったといいます。
しかし、長期間の無断欠勤が地方公務員法違反(信用失墜行為など)に当たると判断し、処分が下されたということです。

水沢署当て逃げ失踪巡査部長不審死事件、真相は虚弱な精神か?闇の勢力か?

マスコミ報道だけを読み進めていくと、酔っぱらい運転→当て逃げ→失踪→逃走資金の枯渇→行き倒れ、のように導かれますが、そんな小学生レベルの虚弱な精神性で、暴力団や薬物捜査の担当が務まるのかという疑問を払拭できません。
ネット上には、この闇が深すぎる失踪事件を巡る様々な憶測が飛び交っておりますが、説得力を持った言説は見受けられません。

水沢署当て逃げ失踪巡査部長不審死事件、いまだ謎ばかり

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。