AV女優、麻生希が56グラムの覚醒剤所持の疑いで逮捕 二年ぶり2回目

AV女優、麻生希が覚醒剤所持の疑いで逮捕

2月26日、関東信越厚生局麻薬取締部は覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで、AV女優の東京都目黒区の麻生希(33)本名、島崎彩と同居していた無職の高畑愛平被告(27)を逮捕しました。
逮捕容疑は2月20日、マンションの自室で覚醒剤約56グラムを所持した疑い。
横浜地検が3月16日、同罪で起訴したことで、事態が明らかになりました。
麻薬取締部によると、麻生希の自宅からは覚醒剤約56グラム(末端価格約360万円相当)のほか、コカインや大麻など複数の違法薬物を押収、計量器具も見つかっており、密売していた可能性もあるとみて詳しい捜査を進めています。
麻生希被告は「間違いありません」と容疑を認めていているようです。


AV女優、麻生希が所持していた尋常ではない覚醒剤の量

清原和博氏が逮捕されたときの押収量は、0,1グラムでした。
0,1グラムでも一遍に使うと死ぬ場合もある量だそうです。
その時に話題になった、江夏豊氏が逮捕時に押収された量が52グラムでした。
麻生希は、それを凌駕する56グラムの所持ということで、
江夏を超えた!
と、話題になっております。
覚醒剤56グラムは、使用回数にしておよそ1900回分に当たるということです。

AV女優、麻生希のキャリア

前回16年7月に覚醒剤所持で逮捕されたときには、単純所持で微量だったため
〈人気セクシー女優の麻生希容疑者(27)が麻薬及び向精神薬取締法違反などの容疑で、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕〉
と、本名も実年齢も明かされることはありませんでした。
麻生希容疑者は、T170・B89・W58・H89というG乳ミラクルボディーをウリに、12年にAVデビュー。
デビュー作は月間DVDランキングで1位を獲得し、一躍人気女優のラインアップ入りを果たしました。
モデル並みルックスと、過激作品にも出演することから、日本のみならず中国でも熱狂的な人気を得ていました。

熱心なファンからは、このような所見が寄せられています。
以前の逮捕の時は、そのちょっと前から、明らかに表情がおかしかった
復活したら、普通の感じに戻っていてびっくりした
でもまた捕まっちゃったんだね
今度はきちんとやめられるといいね

覚醒剤で逮捕されたAV女優、麻生希の不可解な発言

麻生希は以前から、ツイッターやインスタグラムで自殺をほのめかす書き込みの投稿・削除を繰り返していました。
元々が、オカルト好きで、メンヘラ色の濃い人だったようです。
・普通の生活に戻りたい。殺されたくない。
・部屋見せたは病んでる人扱いされてつれぇwww」
・昨日気を使ってもらい睡眠薬が出たんですが夜中目が覚めたらカーテンが開いて白い人があああーーーときた
逮捕を知らない熱心なファンの間では、頻繁に更新されていたSNSが止まっていたことから死亡説が囁かれていました。
フェイスブック上には、
麻生希 私はあの日まで、、ドラックで喪われた記憶。
というページがあり、義理の妹の借金480万を肩代わりしたと記しています。
義理の母は貸したお前が悪い!妹はavやってるからかねあるんでしょ?
妹の旦那は震災泥棒そんなこんなで父親に妹は絶縁されまた見覚えのない借金を永遠と払わされる日々に疲れてきました。
昔のVHS時代のAV女優さんのような一面をうかがわせます。

凄まじい数のツイートに、AV女優・麻生希の大物ぶりがうかがえます

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

多摩女性刺殺事件・首切り殺人の第一報

3月16日午後8時15分ごろ、東京都多摩市諏訪2丁目のマンション住人から「女性の叫び声が聞こえ、人が倒れている」と110番通報がありました。マンションの外階段付近で20代くらいの女性が顔付近から血を流して倒れており、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認。女性の首のあたりには刃物で切られたような傷がありました。
防犯カメラに女性の後ろを歩く上下黒っぽい服の男が映っていたといました。
女性の近くには傘とバッグ、運転免許証などが落ちていたが、凶器は見つかっていません。
現場は京王永山駅から南に約500メートルほど行った、団地やマンションが立ち並ぶ地域。

多摩女性刺殺事件・首切り殺人の犯人出頭

警視庁は女性の身元について、現場と別棟のマンションに住む派遣社員の上田真由華さん(26)と確認したと発表しました。
上田さんは母親と2人暮らしでした。
未明、上田さんの元交際相手を名乗る男が神奈川県警に出頭し、事件への関与をほのめかしたことから、男の身柄を確保して詳しい事情を聴いています。
出頭してきた男は自称神奈川県在住で、17日午前2時ごろ、菊名駅前交番を訪れて「刃物で切りつけた」などと話しています。
警視庁は男が所持していた刃物を調べましたが、血液反応は検出されませんでした。現在も、凶器は見つかっておらず、慎重に裏付けを進めています。
上田さんや親族らからは、この男とのトラブルなどの相談は、警視庁管内では確認されていないということです。

多摩女性刺殺事件・首切り殺人に平和なニュータウンは騒然

新宿から京王線の準急で30分、平和な街として知られるニュータウンでの首切り殺人という惨事に、驚きを顕わにするばかりです。
隣の棟の男性は、驚きを隠せずに語っています。
「4年ほど前から住んでいるが、不審者の情報やトラブルは聞いたことがない」
上田さんとみられる女性が救急隊員に心臓マッサージされているところを目撃したという女性(36)は、
「高齢者が倒れてしまったのかと思ったが、ニュースで事件だと知った。マンションには小さい子どもがいる家族も多い。怖い」
と、話しています。

多摩女性刺殺事件・ニュータウンでなぜ首切り殺人?

多摩ニュータウンは、それまで人の住むことの少なかった丘陵地帯を宅地開発し、「夢」と結びつけて商品化されたバーチャル都市の先駆けでした。
1971年、多摩ニュータウンの最初の入居が行われたのが、この事件現場となった諏訪・永山地区です。
13年には、諏訪2丁目の団地が再開発されて、戸数を増した高層マンションとして生まれ変わり、高齢化の進む旧住民に加えて、若い世代が続々と入居を希望したことから、次代への夢の絆と嘱望される地域でした。

多摩女性刺殺事件・ニュータウンの防犯カメラに残された首切り殺人鬼の黒い影

防犯カメラに残されていた映像というのが、なんとも不気味です。
女性の後ろを歩く上下黒っぽい服の男
上田さんは、黒い影の殺意には全く気づいていなかったのでしょう。
事件現場となった11階建ての高層マンションと、首切り殺人という猟奇性はなかなか結びつきません。
この自称元交際相手の29歳の男性も、失われた夢の大きさゆえに、首切りという前近代的で野蛮な手口の行使を余儀なくされたのでしょうか?
今後語られるその動機に注目したいと思います。

多摩女性刺殺事件・ニュータウン住民のツイート

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js