愛媛県宇和島市のアパートで殺人事件発生!54歳男性が太ももを刺され死亡、35歳男性逮捕。

愛媛県宇和島市のアパートで殺人事件発生

2月28日午後11時45分ごろ、宇和島市保田のアパートで「けんかをしてけが人が出ている」と男性から119番通報がありました。
警察官がアパートに駆け付けたところ、太ももなどを刃物で複数回刺され、仰向けで倒れている50代くらいの男性を発見します。
男性は病院に搬送されたものの、約1時間後に死亡が確認されました。
警察は殺人事件として捜査を開始し、翌1日午前4時すぎに現場からおよそ30キロ離れた、西予市明浜町の路上で消防に通報したとみられる男性を発見し、事情を聴いています。
アパート住人からはこのような証言を得ています。
午後11時ごろから、2階の方で口論する声や激しい物音を聞いた」と話した。
現場はJR宇和島駅から南西約4.5キロの国道近くで、住宅や店舗が点在する地域です。

宇和島アパート殺人事件・一夜明けて

亡くなった事件現場の住人男性は、54歳の暴力団員と判明しました。
身柄を確保された通報男性は、宇和島市内に住む35歳の暴力団員で、事件に関与しているとみて任意で事情を聞いています。
1日夜、警察は死亡した男性は住人の無職金谷尚一さん(54)と発表します。
同時に、殺人の疑いで、通報者の暴力団員と見られる無職の男(35)を逮捕したことも合わせて公表いたしました。

宇和島アパート殺人事件・今日もどこかで、誰かが殺して、誰かが死ぬ

「宇和島」、「殺人」で検索すると木谷恭介氏の「四国宇和島殺人事件」という、長編旅情ミステリーがヒットしますが、こちらの事件には旅情も色気もありませんし、女子大生も登場しません。
殺人事件の被疑者と被害者に分かれてしまったこの二人の男は、同業者らしく、それなりに親しい間柄だったのでしょう。
酒が入って、ささいなことから口論になったのか、何度も刺したあとで、わざわざ消防に通報しているとこからも、親密な関係をうかがわせるものがあります。
やはりきっかけはささいなことなのでしょう。
「富岡八幡宮殺人事件」に見るような、積年の恨みをほのめかすものは微塵もありません。
むしろ、このあまりにも味気ない殺人事件の、この味気なさに感動しなければいけないのかもしれません。

宇和島アパート殺人事件・あまりにも味気ない殺人

私たちが思わず「殺人事件」の見出しに目を奪われるのは、最後に腑に落ちる動機が語られているからではないでしょうか。
殺人は、そのペナルティーの大きさを鑑みれば、おいそれとは手を染められる犯罪ではありません。
必然的に、大きなペナルティーに釣り合うだけの、大きな動機を期待してしまいます。
果たしてこの事件、大きな動機を秘めているのでしょうか?
それとも、ちょっとしたもののはずみなのでしょうか?
だとしたら、「ちょっとしたもののはずみ」のリアリティーに感動しなければならないのでしょう。

平和なはずの宇和島で殺人事件!

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js