いじめがエスカレート 審議委員会もいじめを認定、広島で中3転落死

広島県広島市佐伯区の五日市観音中3年生の、女子生徒が2017年7月に遺書のような手紙を残して校舎から転落死するという悲しい事故が起きました。
広島市の教育委員会が設置した有識者による、市いじめ防止対策推進審議会は2月5日に転落死した女子生徒は複数の生徒から「死ね」と言われ、傘などで暴力などいじめをうけていたと、調査結果を発表しています。

いじめがエスカレート 教育委員会が謝罪

転落死した女子生徒のいじめは、小学校のころから確認されていたそうで、学年が上がるにつれていじめはエスカレートしていきました。教育委員会は、転落死した女子生徒にいじめがあったことを認め、5日に遺族側に謝罪しています。

今後は、学校側のいじめに対する対応が適切に行われていたか、いじめと転落死の関係性などを検証し、転落死した女子生徒の真実を明らかにしていくようです。

調査の結果によると、転落死した女子生徒は小学生のころから精神的苦痛を感じるような、言動や暴力を複数の生徒から受けていたことが明らかになっています。小学生のころから受けていたいじめは、中学生になっても続き、入学してからすぐに、休憩時間や授業中にからかわれたり、悪口や暴言などのいじめがエスカレートしました。転落死した女子生徒の心情を考えると、想像を絶する苦痛だったと思います。

2年生に上がると、多数によるいじめになり、消しゴムを投げられる嫌がらせもあったようです。
3年生になると、「死ね」などの脅しのような言葉が頻繁に使われるようになり、傘でたたかれるなどの暴力もエスカレートしていきました。転落死した女子生徒は、いじめに耐えかねたのかもしれません。

女子生徒が残した手紙と両親の思い

転落死した女子生徒は、校舎近くの駐車場で倒れているのを職員が発見しました。病院で死亡が確認されたのち、転落死した女子生徒の部屋からは「またいじめが始まった」「これ以上は限界」といじめを受けていたという手紙が残されていました。

このことから、教育委員会は転落死した女子生徒がいじめを苦に自殺した可能性があると判断し、重大事態として審議会に調査を委託していました。
転落死した女子生徒の両親は「何度も伝えたのに、なぜ止められなかったのか」と話しています。

世論の声は?

まとめ

転落死した女子生徒は、いじめを苦に自殺したのは確実ではないでしょうか?毎日がとてもつらい毎日で、彼女の痛みは想像することができません。
学校側はしっかり対応したのか、見て見ぬふりをしていたのか、これからしっかり調査して真実を追求していただきたいです。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。