群馬県で高齢者の逆走再び、高校生死亡 アクセルとブレーキ踏み間違ったか

武蔵野市吉祥寺 東急百貨店前で暴走事故?高齢者が運転する車が歩道に突っ込み男女6人重軽傷

登校中に起こった高齢者逆走事故 群馬県

1月9日に群馬県前橋市北代田町で、自転車で登校中の女子高生2人が85歳の高齢者が運転する車にはねられ重体する事件が起きました。この高齢者による逆走事故が発生してから3週間ほどたちましたが、市立前橋高校に通っていた1年生の太田さくらさん16歳が死亡しています。

少し前も高齢者が運転する車が、高速道路を逆走するという危険な運転がメディアで多く報道されましたが、再び高齢者による危険な逆走運転が起きてしまいました。今回は、若い命が奪われるという悲惨な逆走事故になっています。

高齢者の逆走事故の背景

群馬県で起きた高齢者の逆走事故は、学校の始業式の日の朝に起きました。
85歳の高齢者男性が運転する乗用車が、片道1車線のセンターラインをはみ出し、対向車線で右に曲がろうとしていた車のサイドミラーにぶつかった後、そのまま対向車線を逆走しています。

およそ130mほど逆走したあとに、縁石に乗り上げるとそのまま太田さんを正面からはね、ブロック塀にぶつかった後、太田さんの後ろにいた、高校3年生を巻き込みました。
高齢者の逆走によって、尊い命が奪われています。

専門家による分析は?

この高齢者の逆走事故は「アクセルとブレーキを踏み間違えて、パニックになって起こった」と分析しているのは森本教授です。
さらに「対向車線の右に曲がろうとした車と接触して気が動転し、アクセルを踏んでいることに気づかず、停止できなかった様子がうかがえる」と話しています。

また、高齢者が運転していた車が逆走しているとき「接触事故を起こした場所からアクセル全開で走行した場合、太田さんと衝突したときは、時速70kmに達していた可能性も高い」と制限速度40kmの場所を30kmも超過し逆走していた可能性があるという見解をしています。

警察も「うっかり起こった事故ではない」と話しており、高齢者が運転する車がかなりの速さで対向車線を逆走している点に注目し、「時速70~80km出ていてもおかしくない。アクセルとブレーキを踏み間違えたというより、速度感覚がまひしていたのでは」と話しています。

世論の声は?

まとめ

高齢者の逆走で高校生の命が奪われるという、悲惨な事故が起きてしまいました。
これから、しっかりと対策を立てていかなければなりません。高齢者の方は、普段から最新の注意を払って運転しなければなりません。逆走は危険な運転なので、絶対してはいけません。

武蔵野市吉祥寺 東急百貨店前で暴走事故?高齢者が運転する車が歩道に突っ込み男女6人重軽傷

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。