北海道・札幌の自立支援施設が火災で全焼 11人死亡。火柱が一気に20メートル上がる!

札幌の自立支援施設で火災発生 11人死亡

1月31日午後11時40分頃、札幌市東区北17東1の生活困窮者の自立支援施設「そしあるハイム」で「1階から煙が出ている」と通行人から119番がありました。
北海道警などによりますと、火は木造の建物を全焼し、焼け跡から入居者とみられる11人の遺体が見つかりました。この自立支援施設には16人が入居していたとみられ、生存が確認された5人のうち3人が病院で治療を受けています。
現場の状況から、火災の原因はストーブの引火と見られますが、検証を続けております。

札幌の自立支援施設火災で11人死亡 現場の状況

火災が起こったのは、JR札幌駅から約1・5キロ・メートルの住宅街にある自立支援施設「そしあるハイム」。
札幌市消防本部などによると、自立支援施設は木造3階建て、延べ約400平方メートル。かつては旅館だった建物を、自立支援事業所である合同会社「なんもさサポート」が建物を借りて運営していました。
この自立支援施設の1、2階には16人が入居していました。
生存者は80代の女性1人、50~70代の男性4人の計5人です。

自立支援施設火災で11人死亡 運営団体

自立支援関連施設「そしあるハイム」を運営しているのは、NPO法人「ホームレス支援北海道ネットワーク」の一つ「なんもさサポート」。
生活保護を受けているホームレスらを、新たな入居先や就職先が見つかるまで一時的に受け入れていたとみられれます。
警察が入居者から聞き取った話では、普段から、夜間は職員がいない状態だったということです。
この日も、職員2人が午後5時ごろに帰宅した後は入居者だけでした。

自立支援施設火災で11人死亡 周辺住民の声

自立支援施設の付近は住宅が密集し、近くには中学校や高校、それに大学などがあります。
・火柱が一気に20メートルほど上がり、熱気が来た。これだけ大規模な火災を見たのは初めてで怖かった
・自宅にいたところ「ボン」という音やガラスが割れるような音が何度も聞こえた
・火災があった現場にはベンチがあり、いつもお年寄りが何人か座って話をしているのを見ていた。胸が締めつけられる思いだ

自立支援施設などの高齢者施設での火災

同じ札幌市では10年3月、北区の認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」が全焼し、入居していた65~92歳の男女7人が死亡する火災がありました。
昨年だけでも、
8月、秋田県横手市で、1人暮らしの人が住むアパートなどが全焼する火災で、50代から70代の男性5人が死亡。
5月、北九州市小倉北区で、日雇い労働者などが暮らすアパートが全焼する火災で、50代から80代の男性6人が死亡。
と、多くの犠牲者を出しています。
一向に改善されない管理体制が問題になっております。

管理体制を問う声多数

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js