蔵王山で火山性微動と地殻変動。噴火警戒レベル2に引き上げ 小規模な噴火のおそれ

蔵王山、噴火警戒レベル2に引き上げ

30日14時38分、気象庁は宮城と山形にまたがる蔵王山の噴火警戒レベルを、「1」から、火口周辺への立ち入り規制を求める「2」に引き上げたとことを発表しました。
仙台管区気象台によると、蔵王山では、28日に1回、30日0時台と14時台に1回ずつ火山性微動を観測しています。14時18頃から31分にかけて発生した火山性微動の振幅は、これまで観測された中で最大となりました。また、山頂の南方向が隆起する地殻変動も継続しているため、注意が必要です。
気象庁では、「馬の背カルデラ」と呼ばれる噴火の発生が想定される火口域から1.2キロメートルの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

蔵王山噴火警戒レベル2 火山性微動

蔵王山での火山性微動は28日午後7時半ごろから約11分継続。
30日午前0時45分ごろからも約13分続きました。
30日午後2時18分から31分にかけ起こった振幅が、平成22年の観測開始以降、最大の火山性微動であったことから、警戒レベルが引き上げられました。
蔵王山での微動の観測は2017年4月3日以来です。
火山性微動とは、
マグマや水蒸気が火山の地下を移動したり、沸騰して気泡が発生することなどによって起こる地表の微弱な振動のことです。噴火に先立って観測されることが多いため、噴火の前兆現象として噴火予知の立場から注目されています。

蔵王山噴火警戒レベル2 現在の状況

坊平観測点の傾斜計においては、山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続しています。
火山性地震も30日未明から4回計測されました。
以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。
宮城県:蔵王町、七ヶ宿町、川崎町
山形県:山形市、上山市

蔵王山、過去の噴火

蔵王山では昭和1940年の小規模噴火以降は噴火には至っておりませんが、13年から、たびたび火山性微動が観測されています。警戒レベル運用開始前の15年4月には噴火警報が発表され、同年6月に解除されてからは目立った活動はありませんでした。
92年2月22日、不忘山西方付近で地震多発。
92年9月1日、山頂付近で地震多発。
95年4月、不忘山付近で地震多発。
95年12月、熊野岳の北西約10kmで地震多発。北西山麓・熊野岳の北西約10㎞付近で地震多発。
13年、1月に火山性微動を初めて観測。年内に14回の微動が発生

噴火にこそ至らないものの、現役バリバリの活火山であることがわかります。

御嶽山は警戒レベル1で噴火でした。備えはあったほうがいいですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。