兵庫県三田市の住宅で、阪大生の弟が兄を包丁で刺し死亡させる!相次ぐ家庭内殺害事件犯人は大学生

阪大4年生の弟、兄を殺害

30日、兵庫県警三田署は、同居する兄を包丁で殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県三田市あかしあ台に住む大阪大基礎工学部4年、細谷早志容疑者(22)を現行犯逮捕しました。刺された兄の大阪経済大大学院生の竜己さん(28)はまもなく死亡が確認されたため、容疑を殺人に切り替えて捜査をすすめています。
兄弟は両親と4人暮らしで、細谷容疑者と竜己さんの部屋は隣同士で、物音をめぐりトラブルがたえなかったという話です。
三田署の調べに対し、細谷早志容疑者は「家にあった包丁で兄を殺そうとして刺した」と殺害を認めています。

阪大4年生の弟、兄を殺害 事件現場

「兄弟がケンカをしている」との通報を受けて、駆けつけた警察官にとっても衝撃的な殺害現場であったと思われます。
30日午前4時過ぎ、父親が兄弟の異変に気づき、
物音がしたので見に行くと、兄がベッドの上にあおむけに倒れていて、弟がその横にいた。
と殺害現場の状況を証言しています。
父親はすぐさま119番通報しましたが、竜己さんの左ほほなどを台所の包丁(刃渡り約16センチ)で刺されていて、病院に搬送後、約50分後に死亡が確認されました。
父親は、「兄は音に敏感で、物音をめぐって弟ともめることも多く、ふだんから仲が悪かった」と話しています。

事件続きの大阪大学

古くは、06年に工学部4年の学生がパチンコ屋に入り浸っているのを注意され、「母親がうるさかった」と母親を殺害した事件。
直近では、「大阪大学で入試ミスが判明、大学側は30人を追加合格することに
15年、情報科学研究科の教授ら3人が研究費の一部1億5000万円を不正使用。教授らは懲戒解雇。
16年、女子高生を抱きかかえて連れ去ろうとした阪大薬学部の6年生逮捕
17年9月、基礎工学部棟爆発事件:実験中にガラス容器が爆発。院生が重傷
17年12月、不正アクセスによる個人情報漏洩事件

慶大生の父親殺害に続いて、今度は阪大か!

難関有名校の在学生による、家庭内での殺害事件に溜息が聞こえてきます。
慶大生の殺害事件のときの父親にそこはかとなく立ち籠めていたDV臭とは対称的に、冷静で客観的な立ち居振る舞いがかえって気になります。殺されたお兄さんも阪大卒のようですから、相当なインテリ家庭なのでしょう。
知性の砦、というか知性の籠城の果ての惨劇という印象を受けます。

腐っても阪大、阪大の注目度はやはり高いですね

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


https://twitter.com/HTl7UeEdV5Gbw5h/status/958187111743565824


https://twitter.com/Tahurwaili/status/958142632928006144